イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:私のメモから( 2 )

新・北斎展

f0178334_18392981.jpg
2020年東京オリンピックに向けて、日本人のパスポートに、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の富士山と波の絵が使用されるほど、北斎は日本の象徴となった。

私は2月に、新・北斎展を見る機会に恵まれた。森アーツセンターギャラリーで、1月17日から3月24日まで開かれている。

葛飾北斎(1760−1849)の全479展が展示されている。北斎は世界でも高い評価を受けている。イタリアでも北斎の展覧会には、いつも多くの人が集まる。2017年にミラノで、2018年にボローニャで行われ、高い評価を受けた。1999年にアメリカの『Life』誌が、「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物の100人」で北斎を86位に取り上げている。

葛飾北斎の展覧会は、イタリアでも日本でも出来る限り観るようにしているが、今回の森アーツセンターギャラリーでは、見た事がなかった作品に触れる事ができて、驚いたとともに、満足感が大きかった。ちょうど私は弘法大師・空海にはまって色々本を読んでいるため、空海のことを描いた大作に圧倒された。葛飾北斎の娘お栄を描いた、直木賞作家・朝井まかての小説「眩」(くらら)が話題となっているが、この作品は、娘も手伝ったとも聞くが、友人から聞いた話なので、本当かはまだ確認していない。この小説を読みたいし、映画化もされているので、観たい。

葛飾北斎は貧しい百姓一家に生まれる。有名になるために努力する画家が多いが、北斎は画名が売れてくると、絵が高値で売れることを嫌い、画名を何度も変えたという。「春朗」「宗理」「北斎」など、約30回ぐらい?!画名を変えている。それでも北斎の絵が北斎とわかるというのも凄い。93回!(かなりの変人か?)引越しをして、食事は出前で済ませたという。お酒も飲まず、タバコも吸わなかったようだ。絵は売れて名声を得たが、生活は貧しかったという。朝から深夜まで絵筆をとり、食事にかまわない人で、寝る前にお蕎麦を食べて、寝たという。75歳で出版した「富嶽百景」の巻末に書いている北斎の言葉「己六歳より物の形状を写すの癖ありて」という書き出しで始まり、「70年描く所は実に取るに足るものなし」「73歳でやや禽獣、虫魚の骨格、草木の出生を悟り得たり」「富嶽三十六景」を描き、千住に通って、「骨接ぎ名倉」で人体の仕組みを学んでいた。「90歳にしてその奥義を極め、100歳にしてまさに神妙ならんか、110歳にしては1点1格にして生けるが如くならん」と長生きをしたいという願いもしたためている。「富嶽三十六景」を出版した北斎は、「実に取るに足るものなし」と自分が何者でもないと謙遜し、努力を続けた。1849年4月18日午前4時、「天我をして10年の命を長ふせしめば」「天我そして5年の命を保たしめば、真正の画工となる得べし」と言って亡くなった。人生最期まで向上心を忘れなかった。

by Art-Chigusa | 2019-03-20 19:03 | 私のメモから

顔真卿と空海の書

1月16日から2月24日、王羲之を超えたと言われる名筆「顔真卿」の展覧会が東京国立博物館で行われた。顔真卿は唐代の政治家・書家。

この展覧会での話題となった作品は、台北・國立故宮博物院から特別に貸し出された「祭姪文稿」

一般公開されることが極稀なため、中国からも多くの人が、日本に観に来ていた。館内に入るまでに50分、この日本初公開の「祭姪文稿」特別展示室に入るまでにまた70分待って、大変な混雑の中見終えることができた。これほどの充実した「書」の展覧会はなかなか観られないから充分待つ価値があったと言える。

f0178334_17390717.jpg





More
by Art-Chigusa | 2019-03-14 18:23 | 私のメモから
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31