イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

新・北斎展

f0178334_18392981.jpg
2020年東京オリンピックに向けて、日本人のパスポートに、葛飾北斎の「富嶽三十六景」の富士山と波の絵が使用されるほど、北斎は日本の象徴となった。

私は2月に、新・北斎展を見る機会に恵まれた。森アーツセンターギャラリーで、1月17日から3月24日まで開かれている。

葛飾北斎(1760−1849)の全479展が展示されている。北斎は世界でも高い評価を受けている。イタリアでも北斎の展覧会には、いつも多くの人が集まる。2017年にミラノで、2018年にボローニャで行われ、高い評価を受けた。1999年にアメリカの『Life』誌が、「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物の100人」で北斎を86位に取り上げている。

葛飾北斎の展覧会は、イタリアでも日本でも出来る限り観るようにしているが、今回の森アーツセンターギャラリーでは、見た事がなかった作品に触れる事ができて、驚いたとともに、満足感が大きかった。ちょうど私は弘法大師・空海にはまって色々本を読んでいるため、空海のことを描いた大作に圧倒された。葛飾北斎の娘お栄を描いた、直木賞作家・朝井まかての小説「眩」(くらら)が話題となっているが、この作品は、娘も手伝ったとも聞くが、友人から聞いた話なので、本当かはまだ確認していない。この小説を読みたいし、映画化もされているので、観たい。

葛飾北斎は貧しい百姓一家に生まれる。有名になるために努力する画家が多いが、北斎は画名が売れてくると、絵が高値で売れることを嫌い、画名を何度も変えたという。「春朗」「宗理」「北斎」など、約30回ぐらい?!画名を変えている。それでも北斎の絵が北斎とわかるというのも凄い。93回!(かなりの変人か?)引越しをして、食事は出前で済ませたという。お酒も飲まず、タバコも吸わなかったようだ。絵は売れて名声を得たが、生活は貧しかったという。朝から深夜まで絵筆をとり、食事にかまわない人で、寝る前にお蕎麦を食べて、寝たという。75歳で出版した「富嶽百景」の巻末に書いている北斎の言葉「己六歳より物の形状を写すの癖ありて」という書き出しで始まり、「70年描く所は実に取るに足るものなし」「73歳でやや禽獣、虫魚の骨格、草木の出生を悟り得たり」「富嶽三十六景」を描き、千住に通って、「骨接ぎ名倉」で人体の仕組みを学んでいた。「90歳にしてその奥義を極め、100歳にしてまさに神妙ならんか、110歳にしては1点1格にして生けるが如くならん」と長生きをしたいという願いもしたためている。「富嶽三十六景」を出版した北斎は、「実に取るに足るものなし」と自分が何者でもないと謙遜し、努力を続けた。1849年4月18日午前4時、「天我をして10年の命を長ふせしめば」「天我そして5年の命を保たしめば、真正の画工となる得べし」と言って亡くなった。人生最期まで向上心を忘れなかった。

# by Art-Chigusa | 2019-03-20 19:03 | 私のメモから

顔真卿と空海の書

1月16日から2月24日、王羲之を超えたと言われる名筆「顔真卿」の展覧会が東京国立博物館で行われた。顔真卿は唐代の政治家・書家。

この展覧会での話題となった作品は、台北・國立故宮博物院から特別に貸し出された「祭姪文稿」

一般公開されることが極稀なため、中国からも多くの人が、日本に観に来ていた。館内に入るまでに50分、この日本初公開の「祭姪文稿」特別展示室に入るまでにまた70分待って、大変な混雑の中見終えることができた。これほどの充実した「書」の展覧会はなかなか観られないから充分待つ価値があったと言える。

f0178334_17390717.jpg





More
# by Art-Chigusa | 2019-03-14 18:23 | 私のメモから

テスト

しばらく、記事がアップできなくなっていました。テストしています。これから復帰したいと思います。
# by Art-Chigusa | 2018-05-25 04:08

The exhibition "Grimm Museum" by Grimm Twins

The exhibition: Grimm Museum


2017年12月1日から2018年1月7日まで、Grimm Twins (Ayumi Makita とBarbara Lachi)による展覧会”Grimm Museum”が、
中部イタリアペルージャの3つの美術館・博物館Capitolo della Cattedrale di San Lorenzo美術館、Palazzo della Penna市立美術館、
ウンブリア州国立考古学博物館で開催された。国立考古学博物館では特別に1月21日まで会期が延長されるなど、展覧会は大きな評判を呼んだ。

この展覧会のオープニング・レセプションでは、ペルージャの美術評議委員長Maira Teresa Severiniが、
---umbriaoggi.newsよりコメント抜粋ー「誰にも夢をみさせてくれる童話がテーマですが、よく見かけるような展覧会とは趣向が異なり、
いっそう独創的で、典型的な東洋の繊細さが西洋の文化に融合しており、本当に魅力的です」と賛辞を贈っている。

確かにこの展覧会の魅力は、東西文化の融合にある。つまり、2人の作家がそれぞれ日本とイタリアに出自を持ち、ドイツのグリム兄弟
(19世紀の言語学者、民話収集家・文学者)の童話を題材に、想像力を膨らまして現代によみがえらせている。しかし本展の魅力はそれだけに留まらない。
何よりも表現手段が多彩だ。イラストレーションが基調となるが、それだけではなく、折り紙、切り紙などを用いたインスタレーション(空間表現)、
イラストを動画にしたアニメーション、さらには影絵のシアターを3次元的に仮設するなど、実にバリエーションに富んでいる。

最終日には、Cecilia Ventrigliaによるパフォーマンス”Rosaspina”(Sleeping beauty)も披露された。

 ペルージャの国立考古学博物館に収蔵されている、古生物学者、化学者、天文学者であったGiuseppe Bellucci(1844-1921)の集めたアミュレット
(魔除け、お守り)から発想したオブジェの制作もあちこちに展示されていた。その民族学的資料と現代美術の興味深い融合によって、
どこか無気味な恐ろしさと魔術的な不思議を醸しだし、展覧会に魅力的な彩りを添えていた。

歴史の隔たり、国や惑星の境界、表現のジャンルを自由自在に行き来する、不思議で幻想的な展覧会なのだ。

さらにグリム・ツインズは、展覧会に合わせてコラージュや折り紙をテーマとする子供向けのワークショップをあちこちで行った。
彼らは観客も巻き込んで自分たちの創造する世界に参加させ、それをみんなで共有する場を作っている。アートを広い意味での社会貢献に
つなげていることも注目に値する。

動画制作は、支援団体アーモンド・コミュニティネットワーク(NPO法人)の協力を得ている。
不登校や引きこもりの悩みを抱える学生、仕事や家族の問題を抱える人々を救済する団体だ。

この展覧会は、単なる子供のための工作展ではないし、メルヘンチック・乙女チックなイラスト展でもない。つくるという自閉的なシステムからの脱却、
展覧会という古いシステムの境界線を広げる発案、企画。過去の文化の継承を促し、未来に繋げる真剣な活動でもある。

ペルージャという街から世界へ発信する、Grimm Twinsの意図とは?
作者=主体と観客=客体の間にある境界線を外して、見えないものを見えるようにすること。そこには疲れ切った、諦めた若者たちへの力強いメッセージも
ある。この展覧会は怖い世界も垣間見せている。そもそもグリム童話には恐ろしい話が満載だ。子供達は、御伽話や民話から、考えることを学ぶ。
アミュレットで身を守りながら、おそるおそる中へ入って見よう。ふと足を止めてみると、そこには、私たちを夢みさせてくれる童話がある。
でも人生は美しい薔薇や純白なお花ばかりに包まれているわけではない。人生は辛いことの方が多く、世界には、棘の生えたいばらやネズミもいる、
そして可愛い猫はネズミを食べようと追いかける。でも勇気を出して、一歩踏み出してみよう、そのように伝えているように感じられる。Grimm Twinsは、文学趣味やありきたりな比喩、意味ありげな象徴、感覚的な美しさを超えて、静かに軽やかに独特の透明で普遍的な詩的世界を確立しつつある。

f0178334_05042812.jpg




# by Art-Chigusa | 2018-01-15 05:17 | Mostra

DISSOLVENZE INCROCIATE

f0178334_23462153.jpg
私も参加している、ウンブリア州サン・ジュスティーノ(ヴィラ・グラツィアーニ)で行われている6月18日に始まったグループ展”DISSOLVENZE INCROCIATE(クロスオーヴァー・フェードアウト)”が今日で幕を閉じようとしている。とても反応がよく、サイトのアクセスは、12000人を超えたという。美しい庭園を持つ、このヴィラ(館)は、1600年代、建築家アントニオ・カンタガッリーナによって設計され、建設された。
f0178334_23465712.jpg
 この展覧会は、アーティスト約40人が自作を2点、さらに“フェードアウト”(DISSOLVENZE INCROCIATE)をテーマとする他のアーティストとの共作を2点、1人につき合計4点の作品を制作する企画である。キューレーターは、ジュゼッペ・サレルノ、主催はSpazio 121 。 
f0178334_23472500.jpg
他者とのコラボレーションは、明らかに自らのアーティストとしてのアイデンティティの一部を捨て去ることにもつながる。しかし同時に個性を生かさなければならない。現在、他者とのコラボレーションは、極めて困難な営為である。この展覧会のテーマ“フェードアウト”は、私にとって、複雑かつ苦渋に満ちた探求である。アイデンティティは揺らぎ、ダイアローグにポストを譲る。まず人間同士のダイアローグがあって、次に異文化間のそれが続かねばならない。コラボレーションという行為をテーマとするこの企画を通じて私は、自己の芸術制作におけるアイデンティティを手放しつつ、同時にそれを追求する行為が、いかに勇気あるものであることかを提示したい。現在の世界では、つねにコミュニケーションが困難で、かつ無理解とエゴイズムがはびこっている。他者に与え与えられること。そして自己の「フェードアウト」が、いかに危険を恐れぬ行為であるかを示したい。まさしく自己がフェードアウトしながら、他者の生成に、与え与えられることが必要だ。破壊、冒瀆、寛容、慰撫が、絶え間なく出現と消失を繰り返す。寄せては返す波のように、光と影を伴って。それは創造と芸術の波動なのである。この後、9月2日には、ファブリアーノ(マルケ州アンコーナ)で、その後テルニ(ウンブリア州)でもこの展覧会は巡回する。
# by Art-Chigusa | 2017-07-31 00:02 | My exhibitions
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31