イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

タグ:政治 ( 1 ) タグの人気記事

イタリアは憲法改正に国民が反対

憲法改正“ノー”、イタリア、レンツィ首相辞任。
f0178334_21033372.jpg

憲法改正“ノー”、イタリア、レンツィ首相辞任。

イタリアでは4日、イタリアの憲法改正の是非を問う、国民投票が行われ、

憲法改正が否決されることに決まった。

(反対:59.5%、賛成:40.5%)

レンツィ首相(41)は、4日深夜、記者会見を開き、

辞任を表明した

今回の国民投票は、イタリアの改革に取り組む、レンツィ首相への信任投票とみられていた。

本人も進退をかける発言をしていた。

憲法改正は下院と同等の権限を持つ上院の権限を縮小し、不安定な政治への要因とされる制度を改善する目的で、

改正案が2年間の審議を経て、2016年4月12日与党の賛成多数で成立していた。

(確かにアメリカの議員数と比較すると、アメリカ 定員数535人に対してイタリアは945人 

アメリカの上院議員数は100に対してイタリアは351人 アメリカの下院議員数435人に対して、

イタリアは630人。どう見ても多すぎる)

しかし、反対派は、改正案がよくできていない。いい改正ではないと批判していた。

同じ民主党員の中でも、元首相、元外務大臣マッシモ・ダレーマや民主党書記長ピエール・ルイジ・ベルサーニなどは

反対していた、ローマの市長ヴェルジニア・ラッジもFacebookに“ノー”に投票することを明かしていた。

イル・ファット・クォティディアーノ紙のマルコ・トラヴァリオ・ディレクター(編集長)

は、「憲法は我々のもの」と題して、イベントを支え、憲法が「イタリアの歴史の中でも、最も美しい書類」だと説得していた。

民主党から出馬して元々は市民の側に立つ政策を約束していたレンツィ首相が、公約を実現せずに、

キャリアを駆け上った後には、大きな権力をもつ金融、大企業、機関に有利な政策を実施しようとしているという批判を耳にする。

昨夜 イタリアのテレビLa7 のディレクター エンリコ メンターナは、

「強い権力に反対する市民の勝利」と叫んだ。イタリアのポピュリズム政党「五つ星運動」の波は、益々勢いを増している。

五つ星運動を率いるコメディアンのベッペ・グリッロ氏は「1週間以内」の選挙実施を求めているが、

レンツィ首相の与党・民主党が多数派の暫定内閣が発足し、2018年に予定される選挙まで、行政の実施を担うと見られている。

 ラ・レップブリカは、ピエール・カルロ・パドアン氏、ジュリアーノ・アマート氏、

グラツィアーノ・デルリオ氏、ダリオ・フランチェスキーニ氏、ロマーノ・プローディ氏、

ピエロ・グラッソ氏、パオロ・ジェンティローネ氏、カルロ・カレンダ氏を暫定内閣候補に挙げている。


[PR]
by Art-Chigusa | 2016-12-05 21:09 | Altri | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31