イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

タグ:ローマ ( 1 ) タグの人気記事

ローマは五輪開催地、立候補を中止へ

CONI GELATO

この見出しは、22日付けのイル・マニフェストの見出しで、掛け言葉の見出し。
コーニ:イタリアオリンピック委員会:コーノはアイスの容器とジェラート
:アイスクリーム:凍結(冷たい)をかけている。
f0178334_19044034.gif
2024年夏の五輪開催地にローマは、NO。
2020年東京五輪の次のオリンピックとなる2024年の、夏の五輪開催地の候補だったローマは、立候補を取り下げる方針を、21日午後、明らかにした。

ローマの新市長ヴィルジニア ラッジは21日、莫大な開催費用やローマ市民の反対などを理由に、招致反対する考えを示し、ローマは立候補を取り下げる表明をした。ヴィルジニア・ラッジ市長は昨日ローマで記者会見を開き、「オリンピックをローマで開けば、ローマの債務はさらに増え、市民の大半が反対している。招致を進めるのは無責任だ」と述べた。

イタリアのオリンピック委員会会長ジョバンニ・マラゴは「ローマが国際的なスポーツの中心都市になる機会が失われて残念だ」と失望を表明。レンツィ首相は市長の判断を尊重する考えを表明している。

フランスのパリ、アメリカのロサンゼルス、ハンガリーのブダペストの中から2017年9月に開催地が決定する。

五つ星運動の党首、政治リーダーのベッペ・グリッロは、「優秀なヴィルジニア、その調子で前進しなさい。会見を観たよ」と励ましている。

オリンピックの問題は、昔はオリンピック開催地となると、経済的にもイメージ的にも色々な恵みをもたらしていたが、どうも近年はそうなるとは限らないようだ。ましてや、市長が変わったばかりのローマは、オリンピックを利用して、ポジティブに転換することは、無理がある。逆に税金の無駄使いという見方の、反対する市民も多い。

オックスフォード大学の調査によると、オリンピックにかかる費用は、コントロールが難しく、過去の実際の費用は平均1.76%、予算よりも高額になっている。ローマはまだ1960年の五輪の負債も残っているという。2012年モンティ首相が、立候補しないと言った時に、イタリア市民は拍手した(ラ・プッブリカ)当時の失業率は9.3%、国債GDP比127%だったが、現在は更に悪化している。国債GDP比132.7% 失業率は11.5% 国債も若干増えている。

下の数字はイタリア急進主義政党による調査書類(1960年から2012年の五輪の予算以上にかかった費用の推移)

f0178334_19051138.jpg
しかし悲しい。この夏の終わりに、ジェラートは冷たすぎる。仕方ない。ローマはまず、解決しなければならない問題が山積している。
大好きなローマが、外見も内面も更に美しく、活気を取り戻すことを祈る。この美しいヴェルジニア・ラッジの改革によって。

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-09-22 19:35 | Altri | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30