イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

Kaze no Yukue

Luogo: Perugia Galleria d’arte Artemisia Via Alessi 14/16

Data: Dal 20 maggio al 10 Giugno 2016

Programma:Mostra di Artisti Contemporanei : Tema Variazioni sul tema dell’ Asimetria a cura di Floriano Terrano

Artisti:
Motoro Mohri
Tomomi Abe
Junko Ito
Makoto
Maki Hasegawa
Chigusa Kuraishi
f0178334_22241798.jpg

La mostra di artisti giapponesi Kaze no Yukue ~ Dove va il vento. Variazioni sul tema dell’asimmetria (不均整) si sviluppa dal concetto dell’arte giapponese di asimmetria, irregolarità (fukinsei). Sconosciuta alla prospettiva e alla simmetria che sono stati per molto tempo alla base dell’arte europea, in particolare del rinascimento italiano, l’ asimmetria è invece presente nelle diverse espressioni artistiche del Giappone e delle altre civiltà dell’Estremo Oriente come elemento estetico naturale e innato.

Sul tema dell’asimmetria si confrontano sei artisti giapponesi, tre residenti in Italia e tre in Giappone, diversi tra di loro per sensibilità, esperienza, tecnica, materiali impiegati. Mohri Motoro, artista residente nella prefettura Ibaraki, dipinge gli scorci dell’Umbria con una tecnica iperrealista che ha il sapore della fotografia. Abe Tomomi, artista che vive nella prefettura di Yamagata, pittura delle tele sulle quali su uno sfondo monocromo appaiono delle figure solitarie che risaltano nel vuoto dominante. Ito Junko, che abita nella prefettura di Aichi, è una calligrafa che con eleganza lega tradizione e modernità nelle sue opere di shodō, arte calligrafica. Hasegawa Maki, artista che vive a Milano, illustratrice della poesia della vita di tutti i giorni, meticolosa ritrattista di particolari infiniti e colorati, osservatrice serena della ricchezza della quotidianità che ci circonda. Makoto (Codice Bianco), in Italia da molti anni, vive a Milano. E’ un artista eclettico e attivo in tutti i campi, dalla scultura alla pittura, dall’istallazione alla scenografia fino al teatro e al cinema. Infine Kuraishi Chigusa, ideatrice dell’intero evento Kaze no Yukue, pittrice che vive a Perugia da molto tempo. Le sue tele hanno colori forti e decisi ed esprimono un messaggio di intimo e profondo legame con l’esistenza, manifestazione di emozioni e passioni struggenti.

Il curatore:
Floriano Terrano . Scrive di arte, cultura e società dell' Estremo Oriente, Giappone in particolare. Suoi articoli sono apparsi su giornali e riviste italiani e stranieri. Organizza conferenze e incontri dedicati a vari aspetti della società e della cultura estremo-orientale. Recentemente ha curato la mostra di artisti giapponesi Momijigari dedicata all'autunno del Giappone. Sul suo blog www.higashishinbun.blogspot.com si possono leggere alcuni dei suoi articoli già pubblicati e visionare alcune delle sue attività nell'ambito della cultura giapponese ed orientale.

イベント 風の行方
日時:2016年 5月20日から6月10日
場所:アルテミジア・アート・ギャラリー
事業内容: 日本人アーチストによる現代美術の展覧会

アーティスト
 Makoto
 長谷川真樹
 伊藤順子
 安部友美
 毛利元郎
 倉石千種

「風の行方」は、1990年から26年間に渡りイタリア・ペルージャに在住している日本人アーティスト倉石千種が発案し、美術評論家 フロリアーノ・テッラーノがキュレーターを務める美術の展覧会で、日伊国交150周年を記念して企画された。

 出品するのは6人の日本人アーティストである。MAKOTO:ミクストメディアによる立体造形、長谷川真樹:水彩とアクリルガッシュのイラストレーション、伊藤順子(雅号 萌):和紙、絹に墨の前衛書道、阿部友美:岩絵の具、アクリルによる絵画、毛利元郎:油彩による絵画、倉石千種:テンペラによる絵画、ポプラの木のパネルに切り込みを入れる・・・など様々な表現手法を用いているが、いずれも日本美術に伝統的に備わっている造形的な特徴のひとつである「アシンメトリー」(不均整)を、現代の文脈において再解釈をしている。
 日本の伝統美術では、構成上のバランスを微妙に崩したり、未完成の状態にとどめて作り込まないなど、破調を意図する美意識が自然に発展を遂げている。このことは、イタリアを中心に発展した、完璧な調和、堂々たるヴォリュームの表現、遠近法に基づく対象の正確な再現などに見られる、古典主義の美意識と興味深い対照を成している。
 今回の企画展「風の行方」は、エトルリア美術の中心の一つとして、またラフェエロに縁のある土地として豊かな美術の記憶を持つペルージャにおいて、イタリア、ペルージャとは異なる伝統を踏まえた日本の現代美術を概観するものである。この企画が、イタリアの観客の方々にとっては、現在進行形の日本美術の様々な造形表現に触れる好機になるとともに、改めて自国と地域の伝統的かつ現代的な文化を再発見する糧となることを期待するものである。

f0178334_22272071.jpg


Floriano Terrano : 東アジア諸国、特に日本の文化や芸術、あるいは社会などについて、幅広い分野で記事を執筆している。それらの記事はイタリアの新聞や雑誌また海外向けの月刊誌などに掲載されている。様々な視点からみた東アジア諸国の文化や社会に関する講演会をイタリア各地で行っている。日本人の芸術家の展覧会のキュレーターをつとめ、あるいは主催している。

f0178334_22264798.jpg


f0178334_22275972.jpg

[PR]
# by Art-Chigusa | 2016-06-02 22:28 | My works | Comments(0)

Kaze no Yukue

Luogo: Perugia Galleria d’arte Artemisia Via Alessi 14/16

Data: Dal 20 maggio al 10 Giugno 2016

Programma:Mostra di Artisti Contemporanei : Tema Variazioni sul tema dell’ Asimetria a cura di Floriano Terrano

Artisti:
Motoro Mohri
Tomomi Abe
Junko Ito
Makoto
Maki Hasegawa
Chigusa Kuraishi
f0178334_22241798.jpg

La mostra di artisti giapponesi Kaze no Yukue ~ Dove va il vento. Variazioni sul tema dell’asimmetria (不均整) si sviluppa dal concetto dell’arte giapponese di asimmetria, irregolarità (fukinsei). Sconosciuta alla prospettiva e alla simmetria che sono stati per molto tempo alla base dell’arte europea, in particolare del rinascimento italiano, l’ asimmetria è invece presente nelle diverse espressioni artistiche del Giappone e delle altre civiltà dell’Estremo Oriente come elemento estetico naturale e innato.

Sul tema dell’asimmetria si confrontano sei artisti giapponesi, tre residenti in Italia e tre in Giappone, diversi tra di loro per sensibilità, esperienza, tecnica, materiali impiegati. Mohri Motoro, artista residente nella prefettura Ibaraki, dipinge gli scorci dell’Umbria con una tecnica iperrealista che ha il sapore della fotografia. Abe Tomomi, artista che vive nella prefettura di Yamagata, pittura delle tele sulle quali su uno sfondo monocromo appaiono delle figure solitarie che risaltano nel vuoto dominante. Ito Junko, che abita nella prefettura di Aichi, è una calligrafa che con eleganza lega tradizione e modernità nelle sue opere di shodō, arte calligrafica. Hasegawa Maki, artista che vive a Milano, illustratrice della poesia della vita di tutti i giorni, meticolosa ritrattista di particolari infiniti e colorati, osservatrice serena della ricchezza della quotidianità che ci circonda. Makoto (Codice Bianco), in Italia da molti anni, vive a Milano. E’ un artista eclettico e attivo in tutti i campi, dalla scultura alla pittura, dall’istallazione alla scenografia fino al teatro e al cinema. Infine Kuraishi Chigusa, ideatrice dell’intero evento Kaze no Yukue, pittrice che vive a Perugia da molto tempo. Le sue tele hanno colori forti e decisi ed esprimono un messaggio di intimo e profondo legame con l’esistenza, manifestazione di emozioni e passioni struggenti.

Il curatore:
Floriano Terrano . Scrive di arte, cultura e società dell' Estremo Oriente, Giappone in particolare. Suoi articoli sono apparsi su giornali e riviste italiani e stranieri. Organizza conferenze e incontri dedicati a vari aspetti della società e della cultura estremo-orientale. Recentemente ha curato la mostra di artisti giapponesi Momijigari dedicata all'autunno del Giappone. Sul suo blog www.higashishinbun.blogspot.com si possono leggere alcuni dei suoi articoli già pubblicati e visionare alcune delle sue attività nell'ambito della cultura giapponese ed orientale.

イベント 風の行方
日時:2016年 5月20日から6月10日
場所:アルテミジア・アート・ギャラリー
事業内容: 日本人アーチストによる現代美術の展覧会

アーティスト
 Makoto
 長谷川真樹
 伊藤順子
 安部友美
 毛利元郎
 倉石千種

「風の行方」は、1990年から26年間に渡りイタリア・ペルージャに在住している日本人アーティスト倉石千種が発案し、美術評論家 フロリアーノ・テッラーノがキュレーターを務める美術の展覧会で、日伊国交150周年を記念して企画された。

 出品するのは6人の日本人アーティストである。MAKOTO:ミクストメディアによる立体造形、長谷川真樹:水彩とアクリルガッシュのイラストレーション、伊藤順子(雅号 萌):和紙、絹に墨の前衛書道、阿部友美:岩絵の具、アクリルによる絵画、毛利元郎:油彩による絵画、倉石千種:テンペラによる絵画、ポプラの木のパネルに切り込みを入れる・・・など様々な表現手法を用いているが、いずれも日本美術に伝統的に備わっている造形的な特徴のひとつである「アシンメトリー」(不均整)を、現代の文脈において再解釈をしている。
 日本の伝統美術では、構成上のバランスを微妙に崩したり、未完成の状態にとどめて作り込まないなど、破調を意図する美意識が自然に発展を遂げている。このことは、イタリアを中心に発展した、完璧な調和、堂々たるヴォリュームの表現、遠近法に基づく対象の正確な再現などに見られる、古典主義の美意識と興味深い対照を成している。
 今回の企画展「風の行方」は、エトルリア美術の中心の一つとして、またラフェエロに縁のある土地として豊かな美術の記憶を持つペルージャにおいて、イタリア、ペルージャとは異なる伝統を踏まえた日本の現代美術を概観するものである。この企画が、イタリアの観客の方々にとっては、現在進行形の日本美術の様々な造形表現に触れる好機になるとともに、改めて自国と地域の伝統的かつ現代的な文化を再発見する糧となることを期待するものである。

f0178334_22272071.jpg


Floriano Terrano : 東アジア諸国、特に日本の文化や芸術、あるいは社会などについて、幅広い分野で記事を執筆している。それらの記事はイタリアの新聞や雑誌また海外向けの月刊誌などに掲載されている。様々な視点からみた東アジア諸国の文化や社会に関する講演会をイタリア各地で行っている。日本人の芸術家の展覧会のキュレーターをつとめ、あるいは主催している。

f0178334_22264798.jpg


f0178334_22275972.jpg


詳しくはこちらhttp://chigusa2014k.wix.com/winddirection
[PR]
# by Art-Chigusa | 2016-06-02 22:28 | My works | Comments(0)

kaze no yukue



日本イタリア国交150周年記念事業「風の行方」が5月20日、ペルージャで始まりました。皮切りは、由緒あるアルテミシア画廊でのグループ展です
(6月10日まで)。これは、6人の日本人作家による現代美術展で、テーマは「不均整」。

この日、午後6時から同画廊で盛大なオープニングセレモニーが行われました。まずはイタリアで活躍中の日本人ヴァイオリニスト、大西梓によるヴァイオリン演奏で幕を開けた後、この日に合わせて日本やミラノなどから駆けつけたそれぞれの作家がスピーチを行いました。画廊は大勢の参加者であふれ、大盛況でした。


この日、午後6時から同画廊で盛大なオープニングセレモニーが行われました。まずはイタリアで活躍中の日本人ヴァイオリニスト、大西梓によるヴァイオリン演奏で幕を開けた後、この日に合わせて日本やミラノなどから駆けつけたそれぞれの作家がスピーチを行いました。画廊は大勢の参加者であふれ、大盛況でした。

f0178334_22241100.jpg

May 20

To celebrate 150 years of diplomatic relations between Italy and Japan, we organized a series of three artistic events, including art, music, and film. It call the celebration” Kaze no yukue”:”Where the wind blows” The celebration started today and is ongoing.
It runs from May 20, 2016 through June 10,2016.

To launch the celebration, we started (today on May 20,2016) with
The first event by opening an exhibit at the Artemisia Gallery.
The theme of the exhibit” Variations on the theme of asymmetry”
Features six Japanese artists.
.
It was a great opening party was hold from 6 p.m. Azusa Onish, the Japanese violinist, performed. She lives in Perugia. Each of the artists made a speech, who came from Japan and Milan. There were a lot of people in the Gallery. and It was a huge success.


f0178334_2234752.png

f0178334_2283743.jpg

[PR]
# by Art-Chigusa | 2016-06-02 22:12 | My works | Comments(0)

レオナルド・ダ・ヴィンチの生家 アンキアーノの村

1月私は風は冷たいが晴れ渡った気持ちのいい日に、何年も行きたいと思って行けなかった
レオナルド ダ ヴィンチの生家 ヴィンチ市近く、アンキアーノの村を訪れた。

f0178334_22555018.jpg


何て美しい人里離れた、山の奥、自然の美しいひっそりとした家。
車で連れて行って下さったヴィンチに住んでいる人が、言うには、
「レオナルドは変わった子供だったといわれている」ことだ。
「だって鶏とかを、子供なのに殺して解剖しちゃうんだからね」
「この村に、にわとりが居なくなると、レオナルドのせいだって言われていた、と聞いている」と。
レオナルド ダ ヴィンチは公証人セル・ピエーロ・ダ・ヴィンチと農夫の娘カテリーナとの間に非嫡出子としてここで生まれた、つまり父親が子供と認められなかった、隠されていた子供だったということだが、それは何かこの天才を生まれさせるのに、影響しているのだろうか?

1452年4月15日に生まれ、1519年5月2日に亡くなった。絵画、彫刻、建築、
音楽、科学、数学、工学、発明、解剖学、地学、地誌学、植物学などなど、さまざまな分野で業績を残した「万能人(UOMO UNIVERSALE)」であるが、
このヴィンチの博物館には、飛行機、ヘリコプターの原形となるクリエイションや、自転車、時計、戦車の原形となるモデルなども展示されていて、ただただ驚くが、私の興味は、やはり彼の絵画に置ける神秘性だ。

初期の「受胎告知」は、色々な角度から見た遠近法の研究がどのように発展していったか、ここの博物館で見られる。
f0178334_225684.jpg

レオナルドは生まれてから5年間このアンキアーノで母カタリーナと過ごしていたと言う。
1457年からは父と祖父母と、叔父のフランチェスコとヴィンチの都市部で過ごしたと言うが、都市部と言っても、小さな街だった。レオナルドの父はレオナルドが生まれるとまもなく、アルビエラという16歳の娘と結婚したが、この義母も若くして死去している。レオナルドが16歳の時には、20歳のフランチェスカ・ランフレディーニと再婚したが、父セル・ピエロに嫡出子が生まれたのは、3回目、4回目の結婚時だった。
それでもレオナルドはラテン語や幾何学、数学の教育を受けた。
有名な神秘体験 「ハゲワシが空から舞い降りて、ベッドで寝ていたレオナルドの口元をその尾で何度も打ち据えた」という子供の頃の体験は、このヴィンチで体験したのだろう。
そして、もうひとつの体験は、山を散策していたレオナルドが洞窟を見つけた時に、「何か化け物におびえながらも、洞窟の内部はどのようになっているのだろうか」という好奇心で一杯になったと記している
「岩窟の聖母」その幼児体験が生きてているのだろうか?私の最も好きな絵。

f0178334_2341652.jpg


観るものに考えるスペースを与える、子供になって空想できる広がりのある深い深い作品だ。このヴィンチにはそんな神秘的な空気が漂っていた。
f0178334_2313385.jpg

[PR]
# by Art-Chigusa | 2016-02-15 22:41 | Altri | Comments(0)

ARTEFIERA BOLOGNA ITALY

dal 29 Gennaio al 01 Febbraio.

Sono stata ultimo giorno di Arte Fiera 2016 a Bologna
Questo anno festeggia la 40°sima edizione.
190 Galleria d’arte moderna e contemporanea 20.000mq di esposizione
3 padiglioni oltre 2000opere per piu’ di 1000artisti rapporesentati
con 222espositori.

E’importante internazionale della Fiera come la piu’grande esposizione
di arte italiana moderna e contemporanea.

Questo anno tutte le Galleria ammesse a questa edizione di ArteFiera
sono invitate a esporre opera di artisti”Under 40” Un comitato avranno
scelti durante la Fiera i migliori le cui opera saranno poi portate
in Pinacoteca per affiancare i grandi maestri.

f0178334_21573577.jpg


Jannis Kounellis

f0178334_2201578.jpg


Joseph Kosuth

f0178334_22173595.jpg

Maria Rai


f0178334_22191359.jpg


f0178334_2284868.jpg

[PR]
# by Art-Chigusa | 2016-02-02 22:19 | Mostra | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31