イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

村上春樹 Traduttore Giorgio Amitrano a Perugia

イタリア人が日本の現在を理解しようとする時、誰もが、吉本ばななか村上春樹を読む。ミラノでは知識人は、教養として村上春樹を知っていることが、常識かのように、ビジネスーツの男性もOLも、若い世代のほとんどみんなが知っている。そして日本人の私を見ると、2人の作家のことを話しだすイタリア人がどんなに多いことか。その裏には、翻訳家のジョルジョ・アミトラーノ教授の功績がある。
f0178334_19124805.jpg
読書を楽しむ会Circolo dei Lettori Perugia の招待で村上春樹、吉本バナナの翻訳家で有名なGiorgio Amitrano教授がペルージャを, 4月28日訪れ、村上春樹について語った。旧市街のPalazzo Pennaの会場には、座れないで立って聞き入る人も溢れていた。
f0178334_19132230.jpg
村上春樹は、あまり表に出てこない、インタビューもあまり好まない、おしゃべりではない。小説を書くことに集中している人で、記者に対しては、常に肩透かしをするような返答をするが、読者に対しては、とても丁寧に自ら返答し、そういう雑誌も出ているそうである。Amitrano教授が明かした村上春樹のあるインタビューでの言葉「小説を書くことは走っている馬にしがみついて振り落とされないよう必死に走りぬくようなもの、とてもエネルギーがいる」という言葉には感動した。村上春樹は日本語でしか読んでいないが、吉本ばななのイタリア語訳はとてもセンスがいい。だからどんな人が訳しているのか知りたいと思っていた。私が一番好きな村上春樹の作品は、「風の歌を聴け」で、いい時代のアメリカ文化に影響を受けて、さわやかな青年のような清々しさ、みずみずしさがある小説だった。社会がもっと複雑になると同時に彼の作品ももっと技巧のレベルが上がって、もっと創造性や空想力や、現代性が増す。それでも「ノルウェーの森」や「1Q84」でもその根底にはやっぱり初期の軽やかさや優しさが生きている。月が2つ出て来るシュールなイメージはとても絵画的で、私も影響を受けて、最近の月と華と蝶の絵を描いている時に、月を2つ入れてみた。より超現実的な世界へ近づき、絵が更に魅力的に深くなったと思う。私の友達は、「素晴らしい凄い文学なのだから、セックスの話が出てくるのが気に入らない」という。「世俗的になってしまう」という。私はそうは思わない。村上春樹の描写は、いやらしくも、エロスもあまり感じない、やっぱりさわやかなままだ。そこがよく同じ村上でも比較されるのが村上龍。この日も村上龍の「限りなく、透明に近いブルー」にも触れていたが、龍さんの方がエロスが直接的に表現されている。村上春樹の小説には、本の話、映画の話、特に音楽の話が出て来るので、小説を読みながら、BGMを頭の中で想像しながら流している感覚で読みすすめる。特別な独特なスタイルでとても好ましい。今はソーシャルでみんなが共有する音楽を彼は、かなり昔から、読者と好きな音楽を共有するような感覚で、画期的だ。
f0178334_19142446.jpg
さすがにイタリア人。日本のアートのことも紹介した。Amitrano教授は写真家の杉本博司やアーチスト森村泰昌、などにも触れて、冗談交じりのとても興味深い講演だった。ペルージャ外国人大学の教授たちも協力して“蜂蜜パイ” 「神の子供たちはみな踊る」P236を朗読した。
f0178334_19135181.jpg
f0178334_19144784.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2017-05-05 19:33 | Altri
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31