イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

Mostra “Costantino 313 d.c “

最近、絵がなかなかはかどっていません。怠けています。
ペルージャ郊外のブティックでの展覧会のプロジェクトもあるのですが、
作品がなかなかできません。
目を描けば終わる1枚の絵に、長々とかかってまだ、終わらず。
100枚ぐらい写真を撮った中の1枚しかイメージとして
絵とならなかったり・・・

週1回、気分転換にペルージャ外国人大学のエルヴィオ ルンギ(アッシジ生まれ)教授の
西洋美術史の授業に行って、聴講したりしています。

最近勉強しているのは「ロマネスク建築、ロマネスク美術」
ロマネスクは1000年から1200年、イタリア、フランス、スペインなどに見られた芸術様式です.

ゴシック以前の様式でロマネスクという言葉は
「ローマ風」という意味ですが、ウィキペディアによると、当初は「堕落し粗野になった
ローマ風の様式」という蔑称としての側面が強く、評価されるようになったのは、
20世紀に入ってからだといいます。

ルンギ教授の授業の、ロマネスクの授業の中で、5世紀から15世紀東ローマで発達した、
ビザンティン美術にも触れています。
私も知っていたのは、ダンテが神曲の中で挙げている、ジオットの先生だったという、
チマブエで、家から1時間ぐらいのアッシジの、聖フランチェスコ教会の中にもあります。

たいていビサンティンの絵は、キリストが真ん中で聖母マリア、天使などが回りに、
描かれていますが、まだ動きのない決まった形の絵という印象しかありませんでした。
ルンギ教授は典型的な形には3種類あって、聖母マリアと生まれたばかりのキリスト、
聖母マリアが頬に手を置いているもの、聖母マリアのひざに抱かれたキリストが、
道を指しているものがあると、色々種類があることを教えて下さいました。
ロマネスクの十字架のキリストも2種類あって、目を開けて十字架にかけられている
キリストと、目を閉じてうつむくキリスト。新約聖書パウロを基にして描かれているか、
ルカによる福音書によって描かれているかによって、違う表現になっているという。
この時代の十字架にかけられたキリスト像も、描かれた場所、
北フランスのものか、イタリアのものかによっても、キリストの足の描き方が、リアルに
釘や血が描かれているか、ただ足に穴が空いただけに描かれているかで、
どこの地方で描がかれたか、分かるといいます。
 

調度今、ミラノのパラッツォ レアーレで、ローマ帝国の皇帝となったコンスタンティヌス
(272年ー337年)の展覧会が行われています。
312年、ライバルだったマクセンティウス帝をメルヴィオ橋で倒した戦いの直前、
コンスタンティヌスは空に現れた十字架を見て勝利を確信したと伝えられています。
313年、「ミラノ勅令」を発布して、それまで迫害されていた
キリスト教を公認します。
来年2013年で、1700年周年の祝賀の意味で、色々な展覧会が計画されている、
そのプロジェクトのひとつの展覧会が始まりました。200点に上る古美術品が
Musei Capitolini di Roma
Il Kunsthistoris torishes Museum di Vienna,
Il Victoria & Albert Museum
Il British Museum di Londra
La National Gallery di Washington
から集められています。その時代ミラノは Mediolanum
という都市がつくられ、栄えました。Museo Diocesanoのプロジェクトによる展覧会で、
貴重で質の高い展覧会という印象を持ちました。
ローマ皇帝コンスタンティヌスの彫刻や、その母へレナの全身の彫刻や、
その時代のコイン、装飾の素晴らしい、かぶと、お皿やアンフォラ、
1495年Cima da Coneglianoが描いた「聖へレナ」も素晴らしかった。

コンスタンティヌスは帝国の統一のために、寛容な政治を採り、皇帝ネロ以来
禁止されていたキリスト教に信教の自由を与えたことで知られています。
母へレナはキリスト教徒でした。
展覧会でコンスタンティノポリスを首都として、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)風の
装飾をみていると、古代ローマのコスタンティノープル、
現在のイスタンブールに行ってみたくなりました。

この展覧会は2013年3月までミラノのドゥオーモ前、パラッツォ レアーレで観られます

写真は10月25日コリエレ デッラ セーラより
f0178334_3335194.jpg


Mostra “Costantino 313 d.c “ e` la mostra al Palazzo Reale
di Milano. Fino al 17 marzo.
Orari: Lunedi: 14:30-19:30,
Martedi:,mercoledi, venerdi, domenica:9:30-19:30
Giovedi,e sabato:9:30-22:30
Info:www.mostracostantino.it.
[PR]
by Art-Chigusa | 2012-10-28 03:38 | Mostra | Comments(2)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31