イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:My works( 144 )

Mostra personale a Reggio Emilia :Beyond the surface: Oltre la superfice

Mostra personale di CHIGUSA KURAISH
Beyond the surface: Oltre la superfice
11marzo- 26 marzo 2017
a cura di Roberto Malaspina
Galleria San Francesco Reggio Emilia
via Bardi, 4/B
Tutti i giorni 16:00-19:30
esclusi i martedi e giovedi
f0178334_20183511.jpg
レッジョ・エミリアで3月11日から3月26日まで個展を開催しています。
お近くにお住いの方は、お出かけください。
サン・フランチェスコ ギャラリーにて

ギャラリーのオーナーGiovanna Vezzosiは、アートの歴史にも、文学にも造詣が深い人ですが、
ワインにも詳しく、最近ソムリエにもなりました。ワインの世界も奥は深い文化です。
写真は、ギャラリーのオーナーのジョバンナ・ヴェッツォージと
キュレーターのRoberto Malaspina,
レッジョ・エミリア在住の作家、Norberto Ricco'
f0178334_20354934.jpg
f0178334_20351296.jpg


[PR]
by Art-Chigusa | 2017-03-18 20:42 | My works | Comments(0)

CON-FINIS personal exhibition Chigusa Kuraishi

CON-FINIS
Mostra personale
CHIGUSA KURAISHI
ペルージャで今日から個展が始まりました。
イタリア・ウンブリア国防省・軍事指揮・警察署(Carabinieri Comando Legione Umbria)
館内にある、元教会・“聖マグダラのマリア”で開催中です。
ここ最近まで、車庫として利用していたところを、昨年修復を終え、個展の期間中、
このいつもは閉じられた扉が開かれ、一般公開されています。
この空間は、1382年、ベネディクト修道院として建設され、
女性を“改心させる”(元売春婦)を受け入れる施設として使用されていました。
1632年にチェーザレ セルメイにより描かれたフレスコ画が非常に美しい空間です。
この個展の企画にあたって、ロベルト・リポリッーノ陸軍大佐と
文化交流アソシエーション・ボルゴ・ベッロ会長オルフェオ・アンブロージに
大きなお力沿いを頂きました。
そして多くの友人たちが協力してくれ、少ない期間で準備ができました。
本当にありがとうございました。今日のオープニングにも、たくさんの方に来ていただき、
ありがとうございました。この個展は29日の夜まで開いています。
29日はペルージャの守護神の一人の聖コスタンツォのお祭りがあり、
一日中お昼休みもなく、オープンしています。
f0178334_09240617.jpg
Oggi il primo giorno della mia mostra in un posto molto interessante suggestiva
una antica chiesa del 1300 recentemente restaurata ora non piu adabita al culto
cristiano ex Chiesa “Sancta Maria Magdalena de Porta San Pietro”,Ex Convento di
Santa Maria Maddalena.Edificato dalle monache Benedettine nel 1382,
prese il posto di un istituto d’accoglienza femminile,detto delle”repentutete”(ex prostitute).

Nella ex chiesa,la volta e’affrescata da Cesare Sermei(1632).
Ora e’sede del Comando dei Carabinieri, non aperta al pubblico..

In occasione della festa di San Costanzo,(primo vescovo e’uno dei patroni di Perugia,
martirizzato al tempo delle persecuzioni dall’imperatore Marco Aurelio
nei confronti dei Cristiani.La commemorazione liturgica ricorre il 29 Gennaio,)

l ex chiesa e stata aperta al pubblico e mi e’ stato permesso di realizzare la mia mostra personale
e per questa disponibilita mi sento orgogliosa ed onorata.
Un grazie di cuore al Colonnello Roberto Ripollino al Presidente del Borgo Bello sig. Orfeo Ambrosi.
Ringraziamento al curatore Roberto Malaspina.ed ai miei amici artisti che con il loro aiuto ho potuto
realizzare questa mia mostra.Un saluto particolare a Mauro Tippolotti ed a Ferruccio Ramadori
senza dimenticare il mio amico Dimitri che mi e sempre vicino quando ho bisogno.
Ayumi Makita (Graphic Design).Yuko Yokota e Yumiko.
Massimiliano Mascaro Columbro .(Correzione Italiano)
Grazie.

Mostra d’arte Contemporanea

Ex Chiesa “Sancta Maria Magdalena de Porta San Pietro”
Ex Convento di Santa Maria Maddalena
Comando Carabinieri Legione Umbria
Corso Cavour 133, Perugia

Dal 23 al 29 gennaio 2017
Martedi’ 24- Sabato 28 10:00-13:00/15:30-19:00

Domenica 29 Festa di San CostanzoOrario continuato 10:00-19:00

[PR]
by Art-Chigusa | 2017-01-24 09:33 | My works | Comments(0)

Morpho Blue

ペルージャのアルテミシアで1か月前に行われた展覧会の後、注文を受けて、絵を描きました。
馬と月の絵「神馬」を展示していたら、馬ではなく、「バラの花を」と言われ、
あまり強い意欲が湧かなかったのですが、「ヒメカイウを入れたいのですが」と聞くと
「それでもいいけど、パステル調の花を入れて欲しい、なぜなら7年前に逝った、妻が好きだったから
、花と蝶を描いて欲しい」と言われて、
私はとても驚き、胸がキュンとなってしまいました。俄然に筆に力が入って、懸命に描きました。

イタリアには、聖母マリアやキリストの絵がたくさんあって、私もいつか、夏目漱石が何の小説だったかは、
忘れましたが、ー人がおがみたくなるような絵を一生に一度は描きたいーと言っていたけど、拝むほどではなくてもいいけど
、スピリチュアルな絵を描きたいけれど、現代を生きる私たちは、どんな風に深い精神性を絵に吹き込むことができるか・・・
そんなことをいつも考えていたので、こんな風に、偶然に私の描いた絵をみて、この方が、奥様を想い出して下さる・・・
なんて凄いことかしら・・・と思いました。同時に不安もありました。気に入って頂けるかしら・・・
絵を渡した次の日に電話が来て、
「日の光が差し込む、一番よく見えるところに飾ったよ、とても気に入ったよ」とても嬉しくて、
絵を描いて来てよかったと思いました。
f0178334_07482857.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-12-03 08:00 | My works | Comments(0)

CONFINE exhibitin Artemisia Gallery

f0178334_06245964.jpg
f0178334_06251255.jpg
f0178334_06254475.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-12-03 06:26 | My works | Comments(0)

Zona Vietata

タイトル:Zona Vietataイタリア人により、お買い上げとなった作品。アルテミシア ギャラリーにて 展覧会の後
f0178334_06133348.png

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-12-03 06:13 | My works | Comments(0)

Kaze no yukue Postmodernissimo Perugia


5月23日

イベント「風の行方」の第2弾は、巨匠小津安二郎監督作品の上映です。ペルージャの映画館チネマ・ポストモデルニッシモで、5月23日から6月27日まで6本を毎週月曜日に上映します。また、映画館のロビーでは、期間中、伊藤順子の作品「賽は投げられた」、「ああ、イタリアの風よ」ほか、倉石千種の「黄金の波」を展示しています。

5月23日の初日には、「東京物語」が上映され、満員の大盛況でした。上映に先立って、倉石千種が小津安二郎と原節子について解説しました。また、ゲストとしてイタリア国営放送の人気番組“Fuoriorario”で有名な映画評論家エンリコ・ゲッツィが登場し、小津作品の素晴らしさを力説して、観客に感銘を与えました。
f0178334_23491695.jpg


May 23

The 2nd event “KAZE NO YUKUE”, is a screening of the master Yasujiro Ozu works.
His six works are on screen at the theater PostModernissimo, from 23 May to June 27, every Monday.
Also, in the movie theater lobby, during this period, we are showing works of Junko Ito "Sai was thrown," "Oh, the Italian Wind" and the "golden wave" of Chikusa Kuraishi.

On the first day of May 23, "Tokyo Story" is screened, it was a great success appreciated full house. Prior to the screening, Chigusa Kuraishi described Ozu and Setsuko Hara. In addition, Italian state broadcaster from the popular program "Fuoriorario" the famous film critic Enrico Ghezzi appeared as a guest, and introduced magnificence of the works by Ozu, sharing his impressions with the audience.
f0178334_23495938.jpg


f0178334_23502031.jpg

f0178334_235189.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 23:52 | My works | Comments(0)

Kaze no yukue

風の行方 オープニングパーティーに来てくださった方々。
ありがとうございました。
展覧会はまだ6月10まで続きます。

You can see the exhibition until 10 June 2016.
Artemisia Gallery Via Alessi 14/16
f0178334_23212629.jpg
f0178334_23244599.jpg

f0178334_2326013.jpg

f0178334_23282545.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 23:29 | My works | Comments(0)

Kaze no Yukue

Luogo: Perugia Galleria d’arte Artemisia Via Alessi 14/16

Data: Dal 20 maggio al 10 Giugno 2016

Programma:Mostra di Artisti Contemporanei : Tema Variazioni sul tema dell’ Asimetria a cura di Floriano Terrano

Artisti:
Motoro Mohri
Tomomi Abe
Junko Ito
Makoto
Maki Hasegawa
Chigusa Kuraishi
f0178334_22241798.jpg

La mostra di artisti giapponesi Kaze no Yukue ~ Dove va il vento. Variazioni sul tema dell’asimmetria (不均整) si sviluppa dal concetto dell’arte giapponese di asimmetria, irregolarità (fukinsei). Sconosciuta alla prospettiva e alla simmetria che sono stati per molto tempo alla base dell’arte europea, in particolare del rinascimento italiano, l’ asimmetria è invece presente nelle diverse espressioni artistiche del Giappone e delle altre civiltà dell’Estremo Oriente come elemento estetico naturale e innato.

Sul tema dell’asimmetria si confrontano sei artisti giapponesi, tre residenti in Italia e tre in Giappone, diversi tra di loro per sensibilità, esperienza, tecnica, materiali impiegati. Mohri Motoro, artista residente nella prefettura Ibaraki, dipinge gli scorci dell’Umbria con una tecnica iperrealista che ha il sapore della fotografia. Abe Tomomi, artista che vive nella prefettura di Yamagata, pittura delle tele sulle quali su uno sfondo monocromo appaiono delle figure solitarie che risaltano nel vuoto dominante. Ito Junko, che abita nella prefettura di Aichi, è una calligrafa che con eleganza lega tradizione e modernità nelle sue opere di shodō, arte calligrafica. Hasegawa Maki, artista che vive a Milano, illustratrice della poesia della vita di tutti i giorni, meticolosa ritrattista di particolari infiniti e colorati, osservatrice serena della ricchezza della quotidianità che ci circonda. Makoto (Codice Bianco), in Italia da molti anni, vive a Milano. E’ un artista eclettico e attivo in tutti i campi, dalla scultura alla pittura, dall’istallazione alla scenografia fino al teatro e al cinema. Infine Kuraishi Chigusa, ideatrice dell’intero evento Kaze no Yukue, pittrice che vive a Perugia da molto tempo. Le sue tele hanno colori forti e decisi ed esprimono un messaggio di intimo e profondo legame con l’esistenza, manifestazione di emozioni e passioni struggenti.

Il curatore:
Floriano Terrano . Scrive di arte, cultura e società dell' Estremo Oriente, Giappone in particolare. Suoi articoli sono apparsi su giornali e riviste italiani e stranieri. Organizza conferenze e incontri dedicati a vari aspetti della società e della cultura estremo-orientale. Recentemente ha curato la mostra di artisti giapponesi Momijigari dedicata all'autunno del Giappone. Sul suo blog www.higashishinbun.blogspot.com si possono leggere alcuni dei suoi articoli già pubblicati e visionare alcune delle sue attività nell'ambito della cultura giapponese ed orientale.

イベント 風の行方
日時:2016年 5月20日から6月10日
場所:アルテミジア・アート・ギャラリー
事業内容: 日本人アーチストによる現代美術の展覧会

アーティスト
 Makoto
 長谷川真樹
 伊藤順子
 安部友美
 毛利元郎
 倉石千種

「風の行方」は、1990年から26年間に渡りイタリア・ペルージャに在住している日本人アーティスト倉石千種が発案し、美術評論家 フロリアーノ・テッラーノがキュレーターを務める美術の展覧会で、日伊国交150周年を記念して企画された。

 出品するのは6人の日本人アーティストである。MAKOTO:ミクストメディアによる立体造形、長谷川真樹:水彩とアクリルガッシュのイラストレーション、伊藤順子(雅号 萌):和紙、絹に墨の前衛書道、阿部友美:岩絵の具、アクリルによる絵画、毛利元郎:油彩による絵画、倉石千種:テンペラによる絵画、ポプラの木のパネルに切り込みを入れる・・・など様々な表現手法を用いているが、いずれも日本美術に伝統的に備わっている造形的な特徴のひとつである「アシンメトリー」(不均整)を、現代の文脈において再解釈をしている。
 日本の伝統美術では、構成上のバランスを微妙に崩したり、未完成の状態にとどめて作り込まないなど、破調を意図する美意識が自然に発展を遂げている。このことは、イタリアを中心に発展した、完璧な調和、堂々たるヴォリュームの表現、遠近法に基づく対象の正確な再現などに見られる、古典主義の美意識と興味深い対照を成している。
 今回の企画展「風の行方」は、エトルリア美術の中心の一つとして、またラフェエロに縁のある土地として豊かな美術の記憶を持つペルージャにおいて、イタリア、ペルージャとは異なる伝統を踏まえた日本の現代美術を概観するものである。この企画が、イタリアの観客の方々にとっては、現在進行形の日本美術の様々な造形表現に触れる好機になるとともに、改めて自国と地域の伝統的かつ現代的な文化を再発見する糧となることを期待するものである。

f0178334_22272071.jpg


Floriano Terrano : 東アジア諸国、特に日本の文化や芸術、あるいは社会などについて、幅広い分野で記事を執筆している。それらの記事はイタリアの新聞や雑誌また海外向けの月刊誌などに掲載されている。様々な視点からみた東アジア諸国の文化や社会に関する講演会をイタリア各地で行っている。日本人の芸術家の展覧会のキュレーターをつとめ、あるいは主催している。

f0178334_22264798.jpg


f0178334_22275972.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 22:28 | My works | Comments(0)

Kaze no Yukue

Luogo: Perugia Galleria d’arte Artemisia Via Alessi 14/16

Data: Dal 20 maggio al 10 Giugno 2016

Programma:Mostra di Artisti Contemporanei : Tema Variazioni sul tema dell’ Asimetria a cura di Floriano Terrano

Artisti:
Motoro Mohri
Tomomi Abe
Junko Ito
Makoto
Maki Hasegawa
Chigusa Kuraishi
f0178334_22241798.jpg

La mostra di artisti giapponesi Kaze no Yukue ~ Dove va il vento. Variazioni sul tema dell’asimmetria (不均整) si sviluppa dal concetto dell’arte giapponese di asimmetria, irregolarità (fukinsei). Sconosciuta alla prospettiva e alla simmetria che sono stati per molto tempo alla base dell’arte europea, in particolare del rinascimento italiano, l’ asimmetria è invece presente nelle diverse espressioni artistiche del Giappone e delle altre civiltà dell’Estremo Oriente come elemento estetico naturale e innato.

Sul tema dell’asimmetria si confrontano sei artisti giapponesi, tre residenti in Italia e tre in Giappone, diversi tra di loro per sensibilità, esperienza, tecnica, materiali impiegati. Mohri Motoro, artista residente nella prefettura Ibaraki, dipinge gli scorci dell’Umbria con una tecnica iperrealista che ha il sapore della fotografia. Abe Tomomi, artista che vive nella prefettura di Yamagata, pittura delle tele sulle quali su uno sfondo monocromo appaiono delle figure solitarie che risaltano nel vuoto dominante. Ito Junko, che abita nella prefettura di Aichi, è una calligrafa che con eleganza lega tradizione e modernità nelle sue opere di shodō, arte calligrafica. Hasegawa Maki, artista che vive a Milano, illustratrice della poesia della vita di tutti i giorni, meticolosa ritrattista di particolari infiniti e colorati, osservatrice serena della ricchezza della quotidianità che ci circonda. Makoto (Codice Bianco), in Italia da molti anni, vive a Milano. E’ un artista eclettico e attivo in tutti i campi, dalla scultura alla pittura, dall’istallazione alla scenografia fino al teatro e al cinema. Infine Kuraishi Chigusa, ideatrice dell’intero evento Kaze no Yukue, pittrice che vive a Perugia da molto tempo. Le sue tele hanno colori forti e decisi ed esprimono un messaggio di intimo e profondo legame con l’esistenza, manifestazione di emozioni e passioni struggenti.

Il curatore:
Floriano Terrano . Scrive di arte, cultura e società dell' Estremo Oriente, Giappone in particolare. Suoi articoli sono apparsi su giornali e riviste italiani e stranieri. Organizza conferenze e incontri dedicati a vari aspetti della società e della cultura estremo-orientale. Recentemente ha curato la mostra di artisti giapponesi Momijigari dedicata all'autunno del Giappone. Sul suo blog www.higashishinbun.blogspot.com si possono leggere alcuni dei suoi articoli già pubblicati e visionare alcune delle sue attività nell'ambito della cultura giapponese ed orientale.

イベント 風の行方
日時:2016年 5月20日から6月10日
場所:アルテミジア・アート・ギャラリー
事業内容: 日本人アーチストによる現代美術の展覧会

アーティスト
 Makoto
 長谷川真樹
 伊藤順子
 安部友美
 毛利元郎
 倉石千種

「風の行方」は、1990年から26年間に渡りイタリア・ペルージャに在住している日本人アーティスト倉石千種が発案し、美術評論家 フロリアーノ・テッラーノがキュレーターを務める美術の展覧会で、日伊国交150周年を記念して企画された。

 出品するのは6人の日本人アーティストである。MAKOTO:ミクストメディアによる立体造形、長谷川真樹:水彩とアクリルガッシュのイラストレーション、伊藤順子(雅号 萌):和紙、絹に墨の前衛書道、阿部友美:岩絵の具、アクリルによる絵画、毛利元郎:油彩による絵画、倉石千種:テンペラによる絵画、ポプラの木のパネルに切り込みを入れる・・・など様々な表現手法を用いているが、いずれも日本美術に伝統的に備わっている造形的な特徴のひとつである「アシンメトリー」(不均整)を、現代の文脈において再解釈をしている。
 日本の伝統美術では、構成上のバランスを微妙に崩したり、未完成の状態にとどめて作り込まないなど、破調を意図する美意識が自然に発展を遂げている。このことは、イタリアを中心に発展した、完璧な調和、堂々たるヴォリュームの表現、遠近法に基づく対象の正確な再現などに見られる、古典主義の美意識と興味深い対照を成している。
 今回の企画展「風の行方」は、エトルリア美術の中心の一つとして、またラフェエロに縁のある土地として豊かな美術の記憶を持つペルージャにおいて、イタリア、ペルージャとは異なる伝統を踏まえた日本の現代美術を概観するものである。この企画が、イタリアの観客の方々にとっては、現在進行形の日本美術の様々な造形表現に触れる好機になるとともに、改めて自国と地域の伝統的かつ現代的な文化を再発見する糧となることを期待するものである。

f0178334_22272071.jpg


Floriano Terrano : 東アジア諸国、特に日本の文化や芸術、あるいは社会などについて、幅広い分野で記事を執筆している。それらの記事はイタリアの新聞や雑誌また海外向けの月刊誌などに掲載されている。様々な視点からみた東アジア諸国の文化や社会に関する講演会をイタリア各地で行っている。日本人の芸術家の展覧会のキュレーターをつとめ、あるいは主催している。

f0178334_22264798.jpg


f0178334_22275972.jpg


詳しくはこちらhttp://chigusa2014k.wix.com/winddirection
[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 22:28 | My works | Comments(0)

kaze no yukue



日本イタリア国交150周年記念事業「風の行方」が5月20日、ペルージャで始まりました。皮切りは、由緒あるアルテミシア画廊でのグループ展です
(6月10日まで)。これは、6人の日本人作家による現代美術展で、テーマは「不均整」。

この日、午後6時から同画廊で盛大なオープニングセレモニーが行われました。まずはイタリアで活躍中の日本人ヴァイオリニスト、大西梓によるヴァイオリン演奏で幕を開けた後、この日に合わせて日本やミラノなどから駆けつけたそれぞれの作家がスピーチを行いました。画廊は大勢の参加者であふれ、大盛況でした。


この日、午後6時から同画廊で盛大なオープニングセレモニーが行われました。まずはイタリアで活躍中の日本人ヴァイオリニスト、大西梓によるヴァイオリン演奏で幕を開けた後、この日に合わせて日本やミラノなどから駆けつけたそれぞれの作家がスピーチを行いました。画廊は大勢の参加者であふれ、大盛況でした。

f0178334_22241100.jpg

May 20

To celebrate 150 years of diplomatic relations between Italy and Japan, we organized a series of three artistic events, including art, music, and film. It call the celebration” Kaze no yukue”:”Where the wind blows” The celebration started today and is ongoing.
It runs from May 20, 2016 through June 10,2016.

To launch the celebration, we started (today on May 20,2016) with
The first event by opening an exhibit at the Artemisia Gallery.
The theme of the exhibit” Variations on the theme of asymmetry”
Features six Japanese artists.
.
It was a great opening party was hold from 6 p.m. Azusa Onish, the Japanese violinist, performed. She lives in Perugia. Each of the artists made a speech, who came from Japan and Milan. There were a lot of people in the Gallery. and It was a huge success.


f0178334_2234752.png

f0178334_2283743.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 22:12 | My works | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31