イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 97 )

Funny

Ho perso qualche anno fa la mia cagnolina di nome evelina,
evy per gli amici, una Barboncina bolognese dolce e dilicata,
naturalmente e stata una grande perdita e sinceramente
ho sofferto abbastanza per quanto mi ero affezionata.

Ma qualche mese fa , mio figlio ha portato a casa un cane
beagle di razza e si chiama funny per il suo carattere
giocoso e contento.

Il Beagle è una razza di cani da caccia di taglia media (di origine inglese)
con un ottimo fiuto, in origine usati per lo più per cacciare animali
come conigli, fagiani,volpi e lepri, oggi abbastanza diffusi come cani da
compagnia.
I beagle sono la razza di cani più usata per la sperimentazione animale
di laboratorio, a causa del loro buon temperamento.
Per le loro attitudini venatorie i beagle sono definiti cani da lavoro,
infatti sono una razza sottoposta a prova di lavoro anche per
la proclamazione di campione italiano di bellezza.

Questa estate , sono stati liberati 2115 Beagle da Green Hill
un laboratorio dove sperimentavano farmaci su questi can
la nostra Funny pero e della stessa razza ma non viene da Green Hill.

数年前に自動車事故で私のエヴィと名ずけたプードルを亡くして、
あまりにショックが大きくて、「もう二度と犬は飼うまい」と思っていましたが、
息子が買って来てしまいました。

プードルはデリケートな犬でしたが、このビーグルはなかなか強い、犬のようです。
歯が生えるため、家の中の家具などをゴリゴリ削ったり、庭に穴を掘ったり・・
まだ2ヶ月の子犬ですが、表情が非常にFunnyです

ビーグルは、臭覚に優れ、ローマ時代から存在し、うさぎ狩りに使われていました。
実験動物として飼育されていますが、
この夏、イタリアでは、動物実験反対運動が、起き、
グリーンヒルから実験用に使われる予定だった2115匹のビーグル犬が救出され、
それぞれ、家庭にペットとして引き取られていっています。
私が子供のころ抱いて寝ていたぬいぐるみで、有名なキャラクター・スヌーピーの
モデルでもあります。

外を散歩していると、救出されたグリーンヒルのビーグル犬かとよく聞かれますが、
そうではなく、息子がペルージャのこの近くのお店で買ってきた犬です。でも息子は
よく犬の種類を調べていて、ビーグルが実験用に飼育されていることや、
狩猟犬であることなどもよく知っていました。


f0178334_23264261.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-08-16 23:34 | Comments(0)

Far East Film Festival 14°

先日ウディネの、アジアのフィルムフェスティバルに行ってきました。
Teatro Nuovo “Giovanni da Udine” が会場になっていた。
このFar East Film Festival は今回で14回目!!えー知らなかった。
14年も続いていたなんて!それにもっと驚いたのはすごい人だった。
しかもいろいろな国から特にヨーロッパの人が多かったが、アジアからも観にきていた。
アジアの国々、中国(6)、香港(10)、台湾(3)、
日本(10)、韓国(10)、タイ(1)、マレーシア(2)、インドネシア(2)、
フィリピン(2)、シンガポール(1)47作品(プラス5作品の短編)が来ていた。
f0178334_21174246.jpg



「テルマエ・ロマエ」はヤマザキマリによる、大ヒットした日本の漫画が原作で、
この漫画はビームコミックスより4巻刊行されている。古代ローマ時代の浴場と、
現代の日本の風呂をテーマとしたコメディ。マンガ大賞、14回手塚攻文化賞短編賞受賞
日本では4月28日から上映されているこの映画は、武内英樹監督による作品で、
今回のウディネのファーイース・映画祭で、インターネット投票1位「マイムービー賞」受賞。

私は一日しか時間がなくて観れなくて、廣木隆一の「軽蔑」The EGOISTSを観たが、
娯楽映画は好きではないが、この映画には、好印象を持った。
監督はピンク映画でデビューしているせいか、この主役のダンサー、
恋人、妻、役の女優の鈴木杏(24)が、ダンスを踊る目と肢体が色っぽく、
ベットシーンも魅せて美しかった。監督はアテネフランセの映画技術美学講座で映画を学んだ
背景が、単なる娯楽映画よりもレベルの高い美的なシーンに作品を高めている。
ヤクザっぽい刑事もの純愛物語で、熱かった。親に結婚を反対される2人の恋人を見守る喫茶店の
マダムもいい雰囲気を出している。
今回の映画祭に廣木隆一の作品が3本来ていた。
他の2本は題材が重要で、観たい映画だ。
1つは”The Future of children in Fukushima” 福島の津波を題材にしたフィルム、
監督は福島県出身であることも忘れてはならない。

もう一つは、2008年の秋葉原での殺人事件が題材になっているRIVER。
私はイタリア人の夫と15年くらい前に秋葉原に行った時の当地の賑やかさは、
3年前事件後息子と再度秋葉原に行って、あまりにも、景観が変わって驚いた。
寂しく活気を失っていた。

この監督は、94年米俳優ロバート・レッドフォード主催の新人育成世界登竜門
「サンダンス映画祭」において、奨学金を獲得して渡米していることなど、
アテネフランセの欧州の影響、ピンク映画の経験、アメリカの影響・・・・
豊富な世界を持っている監督だ。
2003年制作した「ヴァイブレータ」では多くの映画賞を受賞している。

最後に一番映画祭で話題になった「テルマエ・ロマエ」に戻りたい。
この漫画の作者、ヤマザキマリの経歴に興味を持った。
14歳でドイツとフランスを一人旅。17歳でイタリアの陶芸家に招かれて渡伊。
フィレンツェの美術学校で油絵を学びながら、貧困の11年間を過ごした。
漫画を描き始めたのも、生活費のためという。
なんと17歳の時に知り合ったこの陶芸家の孫と結婚している。
何という運命の出会い?ご自分のブログmoretsu.exblog.jpで明かしておられるが、

なぜこの漫画を描こうと思ったか?
―中東のシリアみたいな何千年の色々な文明の遺跡が残っている場所に暮らしていたことや、
イタリアにいたこと、夫も古代ローママニアであること、HBOのドラマ「ROME」も影響している(私もかなりはまって観ていましたが)が、なによりも、
今まで暮らしてきた、そられの国々の家に風呂がなかったことが最大の理由だー
とおしゃっています。―子供の頃から銭湯や温泉が大好きだった私にとって熱い湯に満たされた
公衆浴場どころか湯船に浸かれない日々を強いられるというのは、
過酷この上ないことなのでありました・・・ある日アイロンをかけていたら、
急に頭の中に湧き出た古代ローマ人が日本の風呂に出てしまうという
「テルマエ・ロマエ」のイメージ ―になった。

なんか共感してしまいます。イタリアから一時日本に帰国され、
テレビ局で「どさんこワイド」で旅行・温泉のレポーター、ラジオパーソナリティー
なども務めた経験があるそうです。イタリアでの「テルマエ・ロマエ」上映も期待しています。


f0178334_2115548.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-05-10 21:27 | Comments(0)

トリエステ Trieste

f0178334_5174697.jpg


トリエステというと、私は、須賀敦子の「トリエステの坂道」を想い出し
ウンベルト サバの詩を思うため、須賀敦子の知的で凛とした美しい文章にも、
どこか、もの悲しい、淋しさのある街のイメージがあった。
Foibeと呼ばれる大戦後にユーゴスラビア パルチザンが統治した期間、
イタリア ファシストへの報復として死刑された 穴もあったという話も聞き、
暗いイメージがあったが、長年行ってみたい街だった。
偶然トリエステに行く機会を得て、嬉しかった
街が好きになった。とても美しい街だった。
f0178334_515087.jpg



トリエステは歴史的に古く、ローマ時代の遺跡、城壁、劇場も残り、
紀元前181年ローマ軍はトリエステから40kmのところに、
アクイレイアという重要な町を築いた。

f0178334_5165354.jpg

センター街の町並みは、1700年頃オーストリアに占領されていたので、
マリア・テレージア時代の繁栄の感じられる建物が多かった。
ウィーン風のカフェも装飾が美しかった。

イタリアでありながら、スロヴェニア語、ヴェネツィア、フリウリの方言、
ハンガリー語、ドイツ語が聞かれる特殊な町だった。
ミランの元DFマルディーニのお父さん チェーザレ マルディーニの出身地でもある。
作家イタロ ズヴェヴォ、スザンナ タマロもトリエステで生まれた。
f0178334_520547.jpg


私の友人のロレンツォ・フォンダは、このトリエステのジュゼッペ・ヴェルディ劇場で
5月17日から上演される「友人フリッツ」(L’amico Fritz)という
オペラの舞台美術を担当している。彼はこのトリエステで生まれた。15歳の若さで
医者だった父親を亡くし、母をトリエステに残し、たった一人でペルージャの寄宿舎に入り、
医者になる勉強を続け、最近まで町の医者をしながら、画家となった。

Umberto Saba
Trieste1883-Gorizia1957
Poeta e Scrittore italiano

Il Vetro rotto (da Il canzoniere 1900-1954)

Tutto si muove contro te.
Il maltempo, le luci che si spengono, la vecchia casa
scossa a una raffica e a te cara per il male sofferto,
le speranze deluse, qualche bene in lei goduto.
Ti pare il sopravvivere un rifiuto d'obbedienza alle cose.
E nello schianto
del vetro alla finestra e`la condanna.

割れたガラス

すべては君に反対に動く
悪天候で明かりは消え、
古い家は射撃に揺れ
そして愛する君は、受けたわざわいに苦しみ、
希望と失望を感じ、そこでいくつかの喜びも味わった。
君にとって生き残るということは、物事に服従することを
拒否するということなのか。
    窓ガラスが砕けることの中に
刑の宣告がある。
[PR]
by Art-Chigusa | 2012-04-16 05:33 | Comments(0)

Marseille マルセイユ 補足

もうひとつマルセイユで行きたい教会がありました。
La Major Cathedrale
は、Leon Vaudoyerの設計により
1852年から1893年に建設されました。

マリアとキリストの彫刻が気に入りました。
f0178334_20191917.jpg
f0178334_20194098.jpg
f0178334_2020157.jpg
f0178334_20281423.jpg


Cathedraleの前の建物に描かれていた絵
f0178334_2026541.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-02-29 20:30 | Comments(2)

Marseille マルセイユ 最終回

ノートル・ダム・ド・ラ・ガルド寺院からの帰り道、坂道を降りてくると、広場があり、
私の好きなアニエスBのブティックやあって、東京にいた時はよく買い物をしたと懐かしくなり
近づいたけど、花より団子、おなかがぺこぺこでその前にある
ティピカルな一品というようなフランス語の名前の喫茶・レストランで
クスクスを食べました。15ユーロで安くて美味しくボリューム満点でした。
f0178334_19174746.jpg
f0178334_1918918.jpg
f0178334_19183684.jpg


オリンピック・マルセイユのサポーターたちのコレオグラフィ(C.Lインテル戦)は、
美しい水色と白に金色も加えて色とりどり
f0178334_19311814.jpg
f0178334_192850100.jpg

MのシンボルにDroit Au But ゴールへ一直線
f0178334_19302765.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-02-29 19:33 | Comments(0)

Marseille マルセイユ 3

ホテルに戻って、マルセイユの街のガイドを観ると、どうしても行きたくなったのが、
ノートルダム・ド・ラ・ガルド寺院
Basilique Notre Dame de La Garde
Garde は警備 保護の意味で、漁師たちの守護神として重要な寺院

ネオ・ビザンチン様式で、海抜162m小高い丘の上に聳え立つ
Jacque Henri Esperandieuの設計で1853年から1864年に建てられた
母体は13世紀からこの地に礼拝堂が存在しており、神聖な精神性が感じられた。

かなりホテルから歩いて、途中でやめようかと思ったが、登りきったら本当に清々しく
気持ちがよかった

寺院の中にはEX VOTO : in dono ad una divinita'
祈りと感謝の貢物として、100個以上の海洋を無事を祈って渡った船の絵がある。
f0178334_1944737.jpg
f0178334_1952797.jpg
f0178334_196440.jpg
f0178334_1965327.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-02-29 19:07 | Comments(2)

Marseille マルセイユ2

中心街の現代美術の展覧会
f0178334_18302480.jpg
f0178334_18325514.jpg
f0178334_18333035.jpg


マルセイユのかわいい店
f0178334_18343259.jpg
f0178334_18363742.jpg
f0178334_18384430.jpg
f0178334_18391765.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-02-29 18:39 | Comments(0)

Marseille マルセイユ

2月21日、南フランスのコート・ダジュールの港町マルセイユに行って来ました。
人口はパリに次いでフランス2番目に最多、約82万人。都市圏人口はパリ、リヨンの次に多い。
サッカーではオリンピック・マルセイユのチームがあり、
元日本代表フィリッピ・トルシエ、
日本代表中田浩二が所属していたチームで、
元フランス代表パロンドール受賞ジネディーヌ・ジダンもマルセイユ出身です。
現在監督は元ユベントスの監督デュシャンです。

ホテルは駅の前だったのですが、時間が少しあったので、ブラッと街をあるいていたら
、こんな素敵な教会が近くにあり、教会の前にジャンヌ・ダルクの像があって魅せられました。
ジャンヌ・ダルクが処刑されたのは、ルーアンの市場で別の像があるそうですが、
観に行けませんでした。
f0178334_6281490.jpg
f0178334_6295861.jpg


扉にも装飾、色々な動物のレリーフがあってそれぞれ文字も
書かれていて、面白い
f0178334_6334213.jpg
f0178334_6325579.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-02-29 06:37 | Comments(0)

新年

新年 あけまして、おめでとうございます。
シャンパンと、この可愛いケーキで年が明けました。
f0178334_071767.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-01-02 00:07 | Comments(6)

Corso Bersaglieri a Perugia

ペルージャは、私が初めて来た90年に比べて、だんだん中心街が変わって、
中心街に住む人が非常に少なくなり、小さな趣味で経営しているような、
手工芸の素敵なお店がたくさんあったのに、どんどんなくなって、
人が郊外に流れるようになりました。
改築にお金がかかる、中世の不便な家に住むよりも、若い人たちは、広い車庫のある、
新築の快適な家に住み、買い物も車で行ける、モールや大型スーパーマーケットに
行き、レストランもディスコも車で行ける、郊外へと移っています。

私の住む、コルソ・ガリバルディ通りは、中心街にあり、昔(60年代70年代)は、
ボルゴ・ドーロ:黄金の新しい開地
と呼ばれ、マッチ工場、テキスタイル工房、パン屋、レストランがたくさんあり、
たくさんの家族が住んでいましたが、今は学生しかいなくなって、治安もあまりよくなくなり、
先日はマルケ州出身の青年がドラッグのために、家のすぐ近くの路地で亡くなる、
という、ショッキングな事件もありました。ご冥福を祈ります。

そんなペルージャの街の中でも、比較的活気を取り戻し、画廊ができて、
文化的な活動をしている通りコルソ・ベルサリエリ・・・・
ここで、私の友人牧田あゆみさんは、近くの中学校 "Ugo Foscolo" 
で学生の美術の授業の一環として、ハートや靴のかたちで日本の伝統、
折り紙を教えています。
それが、今クリスマスツリーのオーナメントとして、
コルソ・ベルサリエリの守護神サン・アントニオ・アソシエーションの
建物で観られます。

ハートには色々なメッセージが書かれています。
私はサンタクロースに何が欲しいか書いているのかと思ったら、
中学でもイタリアは落第があるので、「成績がよくなるように、
落第しないようにという願いが多い」とあゆみさんは言っていました。
日本よりものんびりしているイタリアでも学生はストレスがあるのだと、
驚きました。

f0178334_23202746.jpg


こんな可愛いマドンナも
f0178334_23223695.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2012-01-01 23:09 | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31