イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 97 )

Confine impreciso

Confine impreciso
f0178334_06162956.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-12-03 06:16 | Comments(0)

アルテミジア ギャラリーにて

10月15日から11月12日(2016)イタリア、ペルージャのアルテミシア ギャラリーにて展覧会を行いました。この展覧会は、今準備している、2017年3月に行う”Con-finis"へ向けて、小作品を展示しました。
f0178334_05584847.jpg
f0178334_05592355.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-12-03 05:59 | Comments(0)

Keze no yukue PostModernissimo Perugia

Cinema PostModernissimo Via del Carmine 4

DAL 23 MAGGIO AL 27 GIUGNO 2016
OGNI LUNEDI ALLE 21:30

IL FILM DI YASUJIRO OZU
VIAGGIO A TOKYO 23 MAGGIO
FIORI D’EQUINOZIO 30 MAGGIO
TARDO AUTUNNO 6 GIUGNO
IL GUSTO DEL SAKE’ 13 GIUGNO
BUON GIORNO 20 GIUGNO
TARDA PRIMAVERA 27 GIUGNO


小津安二郎監督 映画 の上映 21:30~

(Chigusa&Junko作品映像上映・作品の展示)
5月23日(月) 東京物語
5月30日(月) 彼岸花
6月 6日(月) 秋日和
6月13日(月) 秋刀魚の味
6月20日(月) お早う
6月27日(月) 晩春

Omaggio a Yasujiro Ozu e Setsuko Hara

Sono felice di organizzare al PostModernissimo, in occasione del 150° Anniversario dell’Amicizia Italia-Giappone, questa rassegna cinematografica dedicata ad uno dei maestri assoluti del cinema nipponico e mondiale.

A questo proposito vorrei ringraziare il PostModernissimo, che ha promosso questa iniziativa e assieme al quale spero di portare avanti altri progetti per la promozione del cinema Giapponese qui a Perugia.

In questo caso la rassegna aumenta di valore, grazie anche alla partecipazione di importanti critici e storici del cinema di caratura nazionale che introdurranno le opera e faranno conoscere al meglio il film e l'autore al pubblico di Perugia.

La retrospettiva sarà, per l'appunto, inaugurata da Enrico Ghezzi, volto e mente della Rai, autore di Blob e Fuori Orario, che attravero il suo lavoro è stato uno dei massimi divulgatori dell'opera di Yasujiro Ozu in Italia.

Proprio l’anno scorso è scomparsa Setsuko Hara, attrice-mito, icona del cinema giapponese, spesso protagonista delle pellicole di Ozu. Setsuko ha lavorato con i più grandi registi, con Akira Kurosawa, ad esempio, che l'ha diretta ne “L’idiota” (1951) o Naruse Mikio con il quale ha lavorato ne “Il pasto”, ma io ritengo che Ozu sia davvero riuscito a tirare fuori tutto il suo fascino indimenticabile! Per fare un paragone, anche se lo stile è molto diverso, direi che questa grande attrice è la Sofia Loren del Giappone, un talento istrionico e meraviglioso unito però all'eleganza e alla raffinatezza di Claudia Cardinale. Un unicum nella storia del cinema che non ha né la figura minuta né il viso appiattito di una comune donna Giapponese, ma piuttosto la figura scultorea di una donna occidentale.

Setsuko emanava un’aura di purezza, per la quale tutti la definivano “l’eterna vergine”. Si diceva che sarebbe stata la sposa ideale di Ozu, e che i due si sarebbero sposati, ma invece rimasero entrambi soli senza mai unirsi in matrimonio per il resto della vita. Nel 1963 Ozu morì, e dal quel momento lei abbandonò la carriera di attrice, aveva solo 42 anni.

Anche in onore di Setsuko abbiamo organizzato questa rassegna: in omaggio al suo lavoro e per esprimere cordoglio per la sua dipartita.

Quando ero studentessa universitaria, e poi quando lavoravo a Tokyo, andavo sempre al Cinema Namiki-Za (Teatro di Namiki). E ogni volta che vedevo i film di Ozu, mi emozionavo a tal punto da raggiungere le lacrime, piangevo commossa dalla grandezza di quelle opere, la stessa grandezza che riusciamo a ritrovare ora che i 6 film che abbiamo scelto di mostrarvi sono stati restaurati. E' una grande occasione per apprezzare a pieno la bellezza originale dell'opera di Ozu.

Nelle sue pellicole l’occhio della telecamera rimane spesso più in basso dello sguardo degli attori, che in questo modo vengono “elevati” ed appaiono più presenti sullo schermo, con maggiore forza. Ozu sceglie quasi sempre di non muovere la macchina da presa, ma vuole un punto di vista, una unica inquadratura dalla quale osservare la scena fissandola su forme ben precise, inquadrando le forme con purezza... uno sguardo, questo, che dal punto di vista occidentale può essere definito come ascetico, Zen.

Sono profondamente convinta che Ozu sia grande, non solo per la bellezza “calcolata” di questo stile perfetto, ma anche perché capace, più di tutti, di riportare il dramma della quotidianità e delle storie familiari in un cinema come che troppo spesso ha la vocazione di cercare la porpria natura nella spettacolarità; un modo di narrare unico che vive con e nelle emozioni dello spettatore, perché prima o poi tutti siamo chiamati a vivere l’esperienza della verità crudele e profonda. E' per questo che lo spettatore del mondo non può contenere le lacrime di compassione per la “mononoaware” (consapevolezza e rammarico della precarietà delle cose) come i personaggi che ci ha regalato Ozu !
Io credo che le storie dei film di Yasujiro Ozu colpiranno il cuore di tante persone anche a Perugia.

f0178334_2339173.jpg

 このたびイタリア日本国交150周年記念イベントとして、ペルージャの映画館ポストモデルニッシモにおいて、日本映画史の巨匠・小津安二郎の映画を紹介できる運びとなったことをたいへん嬉しく思います。今回の上映では、最近イタリアで修復された6本の小津の映画を特集し、良好な画質でご覧いただけることになりました。

 小津映画の常連のヒロインで、伝説の女優というべき原節子が昨年他界したこともあり、今回の上映は、はからずも彼女の追悼の場ともなりました。彼女は黒澤明の「白痴」や成瀬巳喜男の「めし」など、他の日本の監督の名作にも出演していますが、やはり小津が一番彼女の魅力を引き出しているように思われます。全くタイプは違いますが、神話的な偉大な女優として、その存在感においてソフィア・ローレンに、その気品においてクラウディア・カルディナ―レにも比肩すべき存在ではないでしょうか。彼女は、体格がよく骨太で、顔の作りが西洋的で彫りが深く、純潔な雰囲気があって、永遠の処女と言われました。小津監督とは結婚の噂がありましたが、2人とも生涯独身を貫きました。小津が1963年に亡くなると、42歳で彼女は引退します。

 私は大学生の時も、東京の企業に就職した後も、今はなき銀座の名画館・並木座によく通い、小津の映画を観ては必ず涙を流したものです。

 小津映画ではいつも、カメラが極端に低い位置に据えられて、やや仰角気味にとらえた人物に、堂々たる存在感と個性が与えられています。移動撮影をほとんど用いないその画面は、完璧に設計されたスタティックな構図によって、西洋の観客にとってはしばしば禅的な神秘主義とも結びつけられてきました。私は小津の映画が素晴らしいのは、そのような完璧な技術がもたらす美だけではなく、彼がいつも描く家族と過ごすささやかな日常のドラマのなかに、誰もが経験する人生の残酷で痛切な真実が含まれているからだと思います。だからこそ、世界中で小津映画を観る人々の多くが、登場人物たちが醸し出す「もののあわれ」の世界に共感の涙を流さずにはいられないのではないでしょうか。

 今回の上映作品をご覧いただくペルージャの方々が、小津映画の繊細なストーリーに必ずや感動されるものと確信しています。   
f0178334_2339291.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 23:41 | Comments(0)

Kaze no yukue

風の行方 オープニング5月20日
 
f0178334_2312742.jpg

f0178334_2314246.jpg
f0178334_23141876.jpg

f0178334_2315109.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2016-06-02 23:15 | Comments(0)

Tokyo National museum

クリスマスをイタリアの家族と過ごした後、27日から4日まで両親の住む
東京で新年を過ごしました。
2日幸運にも東京国立博物館で
特別展「始皇帝と大兵馬俑」中国の2200年前の彫刻と始皇帝にまつわる
貴重な文物(2世紀、3世紀)を観て来ました。
f0178334_17415491.jpg

そして思いがけずに、最も崇拝する2人の画家の代表作、
長谷川等伯の「松林図屏風」
f0178334_1742402.jpg

葛飾北斎の
富嶽三十六景の「凱風快晴」赤富士など本物をみることができて、
本当にいい年の初めとなりました。
f0178334_1743317.jpg

特別展「始皇帝と大兵馬俑」は2月21日まで
毎年恒例「博物館に初もうで」(北斎や等伯)は1月31日まで
[PR]
by Art-Chigusa | 2016-01-08 17:44 | Comments(0)

Corso di Italiano: Leonardo da vinci

A Perugia offriva un corso gratuito di lingua Italiana
(Prof. Pierluca Pisapia), e per migliorare mio italiano,
mi ero iscritto per qualche mese e per termine di questo corso,
ho scritto di Leonardo da Vinci che abbiamo studiato
nel questo corso.

f0178334_1765816.jpg

Leonardo da Vinci è un simbolo dell’arte Italiana e non solo.
L’Italia è un Paese di arte. Una nazione in cui sono nati tanti artisti
importanti, ma il più affacinante tra tutti è sicuramente
Leonardo da Vinci. Egli non solo rappresenta l’arte italiana o
quella rinascimentale, ma anche qualcosa di ben più universale,
di eterno.

Leonardo da Vinci nacque a Vinci, vicino ad Empoli in Toscana,
il 15 Aprile 1452 e morì ad Amboise in Francia il 2 maggio 1519.
È stato un pittore, un ingegnere
ed uno scienziato. Uomo d’ingegno e talento universale del
Rinascimento. Si occupò di architettura e scultura, fu disegnatore,
trattatista, scenografo, anatomista, musicista e progettista inventore.
È considerato indubbiamente uno dei più grandi geni dell’umanità.

La sua opera più nota è la “Gioconda”. Il mito di tale suo capolavoro
è conservato nel Museo del Louvre a Parigi. Opera emblematica ed
enigmatica, forse il ritratto più strabiliante del mondo. Nel tempo
c’è chi ne ha fatto nascere numerosi omaggi ma
pure variegate parodie. La Monna Lisa è stata la figura artistica più
amata ma anche la più derisa o aggredita. Nella lunga storia del
dipinto non sono mancati i tentativi di vandalismo, nonchè un furto
rocambolesco che ne ha addirittura alimentato la leggenda.

“Monna” Lisa (un diminutivo di “Madonna”, che oggi avrebbe lo
stesso significato di “Signora”) era moglie di Francesco del Giocondo.
Leonardo in quel periodo del suo terzo soggiorno fiorentino abitava nella
casa accanto a palazzo Gondi, oggi distrutta,
a pochi passi da piazza della Signoria a Firenze.

La “Gioconda” è misteriosa perché non è solo il dipinto della signora
di Francesco del Giocondo, ma si teorizza che Leonardo avrebbe dipinto,
consciamente o meno non si sa,
se stesso ed anche la ricerca dell’immagine di sua madre. Probabilmente
perrché Leonardo quando aveva cinque anni non stava più insieme con
la sua vera madre, Caterina, ma con la madrina Arbiella che aveva
sedici anni quando si sposò. Si dice che in quel sorriso complicato
coesistano l’amore e l’odio, giacché ebbe avuto due madri,
e Monna Lisa è persino androgina! Leonardo non ebbe relazioni
note con donne, non si sposò mai e non ebbe figli, e sembra che
possa essere stato omosessuale.

L’artista ebbe qualche esperienza particolare di tipo spirituale.
Dalla nota dello stesso Leonardo: “Ne la mia prima ricordazione
della mia infanzia è mi pare che, essendo io in culla, che un nibbio
venissi a me e mi aprissi la bocca con la sua coda, e molte volte mi
percotessi con tal coda dentro alle labbra”. Derivò l’interpretazione
di Sigmund Freud, nel suo libro (1910), di un ricordo d’infanzia di
Leonardo da Vinci come fantasia di un atto sessuale orale; laddove
il nibbi rappresenterebbe androginicamente la madre nella
curiosità sessuale infantile, da cui poi sarebbe derivata la sua
curiosità artistica e scientifica mai soddisfatta e conclusa.
f0178334_1774138.jpg

Marcel Duchamp nel 1919 dipinse “L.H.O.O.Q”, un ready-made rettificato
di una riproduzione fotografica della “Gioconda” alla quale sono stati aggiunti provocatoriamente dei baffi e un pizzetto. Il titolo è un gioco di parole:
“Elle a chaud au cul”, ovvero “Lei ha caldo al culo”, dunque significa
“Lei è eccitata”. Duchamp non intendeva negare l’arte di Leonardo
ma onorarla, a modo suo, mettendo in ridicolo gli estimatori superficiali
e ignoranti che apprezzano la Gioconda solo perchè tutti dicono “è bella”
conformandosi al gusto della maggioranza delle persone.

Il furto della Gioconda avvenne nella notte tra domenica 20 e lunedì
21 agosto 1911. Il giorno prima della chiusura del museo. Della sottrazione
si accorse lunedì stesso un copista, Louis Bèroud, che aveva avuto il
permesso per riprodurre l’opera a porte chiuse.
La notizia del furto fu ufficializzata solo il giorno dopo, anche perché
all’epoca non era infrequente che le opere venissero temporaneamente
rimosse per essere fotografate. All’inizio fu sospettato dalla polizia
il famoso poeta francese Guillaume Apollinaire,
il quale venne arrestato perchè aveva dichiarato di voler distruggere i
capolavori di tutti i musei per far posto all’arte nuova: era una sua
provocazione. Anche Pablo Picasso venne interrogato in merito,
ma entrambi vennero infine rilasciati.

In realtà un ex-impiegato del Louvre, Vincenzo Perugia, originario
di Dumenza, cittadina nei pressi di Luino (provincia di Varese),
convinto che il dipinto appartenesse all’Italia e non alla Francia
l’aveva rubato, con l’intenzione di “regalarlo” all’Italia,
dato che l’opera era stata rubata durante le spoliazioni napoleoniche.
Ingenuamente Vincenzo Perugia nel 1913 si recò a Firenze, a rivendere
l’opera per pochi spiccioli. Si rivolse all’antiquario fiorentino Alfredo Geri,
che ricevette una lettera firmata “Leonardo”, nella quale era scritto
“il quadro è nelle mie mani, appartiene all’Italia perchè Leonardo è
italiano”, con una proposta di restituzione a fronte di un riscatto di
cinquecentomila lire “per le spese”. Incuriosito, l’11 dicembre 1913,
l’antiquario fissò un appuntamento nella sua stanza all’Hotel Tripoli,
in via dè Cerretani (albergo che poi cambiò il nome proprio in
Hotel Gioconda) accompagnato dall’allora direttore degli Uffizi
Giovanni Poggi. I due si accorsero che l’opera non era uno dei tanti
falsi in circolazione, bensì l’originale e se la fecero consegnare
per verificarne l’autenticità. Nell’attesa il Perugia se ne andò a
spasso per la città, ma venne rintracciato e arrestato. Il ladro,
processato, venne definito “mentalmente minorato” e condannato
ed una pena di un anno e quindici giorni di prigione, poi ridotti a sette
mesi e quindici giorni. La sua difesa si basò tutta sul patriottismo e
suscitò qualche simpatia
(si parlò simpaticamente di ”peruggismo”).

La “Gioconda” fa impazzire la gente dunque? Nel 1956 la parte inferiore
del dipinto venne seriamente danneggiata a seguito di un attacco con
dell’acido; diversi mesi dopo qualcuno lanciò un sasso contro il dipinto.
Nel 1974, all’interno del Tokyo National Museum, una donna con handicap
arrabbiata per l’atteggiamento nei confronti di chi come lei usò dello
spray rosso e la danneggiò. Nel 2009 una donna russa lanciò una ciotola
di coccio comprata per souvenir nel Museo del Louvre.

Attualmente il quadro viene esposto dietro un vetro di sicurezza. Sugli
spiacevoli episodi di questo tipo fornì una lettera psicoanalitica Salvador
Dali: ”Molte persone se la sono presa con la Gioconda, anche lapidandola
come qualche anno fa, caso tipico di flagrante aggressione contro la
propria madre. Leonardo, inconsciamente, ha dipinto un essere che riveste
tutti gli attributi materni. Ha due grandi seni e posa su chi la contempla
uno sguardo totalmente materno. Però sorride in modo equivoco (…).
Ora cosa succede al povero infelice che è posseduto dal complesso di
Edipo (…)? Egli entra in un museo. Un museo è una casa pubblica.
Nel suo subconscio è un bordello. E in questo bordello vede
il prototipo dell’immagine di tutte le madri. La presenza angosciante
di sua madre che gli lancia uno sguardo dolce e gli rivolge un sorriso
equivoco lo spinge a un atto criminale. Commette un matricidio, prende
la prima cosa che gli capita fra le mani, un ciottolo, rovinando con esso
il quadro. È una tipica aggressione da paranoico”.

Studi del settembre 2006, effettuati dal Centro Nazionale di Ricerca e
Restauro dei Musei di Francia, hanno rilevato come in un primo tempo
tutto il volto della donna dovesse essere ricoperto da un sottile velo,
che all’epoca era portato della donne in attesa o che avevano appena
dato alla luce un figlio. Nel 2011 su Cartographica, giornale internazionale
d’informazione geografica e geovisualizzazione, Donato Pezzutto scrisse
che il paesaggio dello sfondo del dipinto corrisponde alla configurazione
topografica uguale a quella della Valdichiana.

Quando ero piccola ammmiravo sempre i disegni di Leonardo da Vinci
nei libri, era per me un maestro irraggiungibile, così lontano come sopra
una nuvola, intoccabile. Oggi è certo ugualmente irraggiungibile però mi
sento più vicina alla sua misteriosa ed affascinante arte, poiché posso
percepire che veramente vivesse a Vinci, in Toscana, e che riproducesse
nella Valdichiana quel ricco paesaggio fatto di montagna collina e fiume.
Lì non lontano dal luogo dove vivo, pertanto non riuscirei mai ad esprimere
pienamente e profondamente la mia gioia interiore di poter abitare nell’Italia
del magnifico Leonardo da Vinci.

Chigusa Kuraishi


riferimento:Catalogue Leonardo da Vinci Lady with an Ermine Treasures
from the Princes Czartoryski Museum Editorial Consultant Atsushi Okada
Wikipedia in Italiano e in Giapponese : Leonardo da Vinci : La Gioconda
:Mona Lisa
Corriere della sera 2003/03/27 Con Leonardo anche la geografia diventa arte
[PR]
by Art-Chigusa | 2015-04-12 16:55 | Comments(0)

Luce vento Sogno : L'officina

L'officina Invernale

Luce vento Sogno

f0178334_23563312.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2014-12-30 23:57 | Comments(1)

L'OFFICINA Mostra 2 Invernale

f0178334_23541853.jpg


Il vento soffia dove vuole  風は思いのままに吹く ヨハネ福音書3章7から8節


f0178334_23294150.jpg


All'improvviso


f0178334_23354345.jpg


Risveglio
f0178334_23384023.jpg


Senza Titolo 無題
f0178334_23401157.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2014-12-30 23:41 | Comments(0)

CONTEMPORART

イタリアの現代美術の雑誌CONTEMPORART
10月11月12月2014年に
ウンブリア州のトーディにあるBRIC Art Spaceで8月、
中国の北京のアーティスト(Guan JingJing 他)の展覧会についての記事を書きました
展覧会は10月15日まででした。

f0178334_1753961.jpg


f0178334_17534538.jpg


f0178334_17542110.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2014-12-28 17:53 | Comments(0)

Intervista a Giuseppe Tornatore

Intervista a Giuseppe Tornatore

f0178334_18361022.jpg


ローマとアッシジにある文化団体「アマルコルド」は、毎年、映画に関する研究会議をアッシジで開催しており、そこでは映画の過去、現在、未来について、制作会社、監督、俳優たちによって議論が交わされる。今回で33回目となるこの会議では、そこでクローズアップする監督として、『ニュー・シネマ・パラダイス』で知られるジュゼッペ・トルナトーレ(1956年~)を選んだ。彼へのオマージュとして、12月1日から6日まで毎日、彼の映画に加えて、無名の若い監督の映画がメタスタジオ・シアターで上映された。過去には、ミケランジェロ・アントニオーニ、ベルナルド・ベルトルッチなどが選ばれている。

期間中の12月4日、トルナトーレはペルージャの外国人大学を訪れ、学生の質問に答えたほか、彼の最新作『鑑定士と顔のない依頼人』が上映された。以下、そのときの質疑の模様を紹介する。

トルナトーレは、シチリアのバゲリーア(パレルモ)出身で、CGIL(イタリア労働総同盟)の職員の息子として生まれ、16歳の若さで、ルイジ・ピランデッロやエドワード・デ・フィリッポを演じ、高校卒業後はパレルモ大学文学部に通いながら、映画制作に専念し、RAI(イタリア国営放送)のドキュメンタリーやRAI3編集部の仕事を手がけた。映画デビュー作はマフィアを扱った映画『教授と呼ばれた男』。2作目の『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)でアカデミー外国映画賞、カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞。『海の上のピアニスト』は世界的に高い評価を得ている。

ペルージャ外国人大学で映画を教えるカルロ・タリアブエ教授によれば、海外の学生たちが一番観たがり、リクエストが多いイタリア映画は、ロベルト・ベニーニ監督の『ライフ・イズ・ビューティフル』と、ジュゼッペ・トルナトーレの『ニュー・シネマ・パラダイス』の2作品だとのことである。

Q あなたの全作品の音楽を担当しているエンニオ・モリコーネ(NHK大河ドラマ「武蔵」(2003年)の音楽も担当)とのコラボについてうかがいたい。

映画監督をしていると、たくさんの人に出会うことができる。周りにスタッフはたくさんいるし、何回も一緒に仕事をする人もいれば、自分のところに戻ってくれたり、いなくなったりする人もいる…。そうした多くの出会いは、自分をより豊かにしてくれる。また特別な出会いというものがある。モリコーネとは、88年に出会ったが、まさしく特別な出会いだった。フィーリングがぴったりした。お互いの性格のせいだろうか? 僕は彼の音楽がとても好きだ。『ニュー・シネマ・パラダイス』の曲はとても気に入った。そして一緒に仕事を始めた。
彼は経験が豊富で、僕が出会った時すでに400を超える曲を作曲していて、今は500曲近い曲を作っている。そうした彼のキャリアからすれば、僕なんか1、2本の映画と何本かのドキュメンタリーしか撮っていなかったから、僕は彼が、経験者が未経験者を相手にするような、先生のような態度で僕に接するのではないかと予想していた。ところが、全く彼は違っていて、とても謙虚な人だったんだ。僕を自分と同じレベルの人のように、1本の映画しか撮っていなくても、何本も撮っている監督であるかのように付き合ってくれたんだ。とても嬉しかったし、感動した。とても重要な出会いだった。
映画は別にしても、僕たちは友達だ。一緒に仕事するか否かにかかわらず、僕たちはいつも話し合っている。音楽と映画の話は、僕たちの好きなテーマだ。僕たちの友達や家族や親戚との夕食でも、いつも隣に座ってもらうんだ。僕たちはいつも映画と音楽の話をするから、他の人は他の人と話を始める。本能的で自然に付き合いは続いている。
彼はすべての僕の映画の音楽を作ってくれただけではない。僕のために作ってくれた音楽がたくさん引き出しの中にあって、まだ映画になっていない曲もある。彼ほど、映画のことを考えて、何でも僕の思う通りにしてくれる、慎みを持った先生はいない。彼は映画のために全力を尽くしてくれる。優秀な作曲家であっても、時には不必要なことをする場合がある。だからエンニオなんだ。僕の映画の見方に沿って作曲をしてくれる。88年から、26年にわたって、すべて彼と仕事し、すべての映画は彼が音楽を担当している。ドキュメンタリーも、CMも。CMはすべてではないが。映画にならなかった音楽もあるが、次の映画の一部になるかもしれない。

Qあなたにとって『シチリア!シチリア!』はどんな意味があるのか?

シチリアは、僕がどこから生まれてきたか、自分のルーツを探求するという意味では、とても重要な意味がある。個人的な経験、他の人たちの想い出、そうしたことの総体だ。シチリアについては、長いことプロジェクトとして温めていたが、この作品でやっと実際に映画にすることができた。映画では自分自身をオープンに語っている。家族、おじいさん、おばあさんなど自分が直接に知り合った人々を通じて語った。舞台となる場所も、もうなくなっていたり、変わってしまっていたりする。とても重要な経験だった。
監督がいろいろな要求をするのは、スタッフには面倒なことだけど、とても大事なことだった。マニアックな細かい仕事があって、あの映画を撮ることは、もう2度と繰り返せない。多くの人が実現したくても、タイムスリップするくらい難しいことだった。自分が生まれた場所、あるいは生まれる以前のところへ行くこと。イタリアは色々なことが変わったということを、ひとつの街を通して、いや、街だけではなくて、広場、中心街、ある区域、ある家-それは僕の家だった―を通して語ること。それは本当に重要な経験だった。

f0178334_18402028.jpg

Q日本の映画、映画監督で感動したことは?
 
僕の2作目の映画、『ニュー・シネマ・パラダイス』が上映されたときに、日本とはとても深いきずなができた。イタリアでの反響はそれほどでなかったときに、日本では大好評を博した。最近の映画も日本で紹介され、招待された。NHKが『ニュー・シネマ・パラダイス』の映画のドキュメンタリーを撮りに来たり、日本とはいろいろなつながりがある。
優秀な日本人映画監督はたくさんいる、それぞれについて語りたいが、なかでも黒澤明は神話的人物だ。映画の歴史において巨大な存在だ。イタリアでみんなが愛している監督だ。監督であることは本当に特権だが、誇りに思っているのは彼と知り合うことができたことだ。『ニュー・シネマ・パラダイス』がアカデミー外国語映画賞を獲得し、彼はアカデミー名誉賞を獲得した。数年前からハリウッドでは5人の映画監督が昼食をともにすることができて、その年はただ5人の監督だけが入れるという環境で昼食をとったことがあり、黒澤明もその中にいた。通訳を介しての多くの彼の言葉には感動したが、中でも黒澤がアカデミー賞を受賞した時に話した言葉は、一生忘れることができない。「私は黒澤明です。80歳ですが、28本の映画を撮って来ましたが、まだ映画の真髄はわかりません」と。すばらしい!

Q 写真と映画の関係は?

写真は僕にとって、とても重要だ。写真は毎日の表現の手段だった。10歳の時から、25歳まで、カメラをもたずに外出したことはなかった。いわば靴のようなもので、靴を履かずに外へ行かないように、常にカメラを持たなければ、家から出なかった。でも、それは真実の愛ではなかった。写真はシンプルだったし、それほど高額ではなかったし、映画に近づくために、つまり映像を撮るために、カメラをまず使っていたんだ。
監督になったときに、何年も写真を撮っていたことが、いいショットをとらえるうえで役に立った。いつわりの愛が後に、真実の愛に変わった。写真を撮りながら、無意識に、人がどういう態度、どういう表情をするかを観察していた。毎日の生活の中のシンプルな動作などで、人がどういう風にドアを開けて、ドアを閉めるか、どう座るか、どう立つかなど。写真は学校だった。今も場所や顔などを撮るのにカメラを使う。今は靴なしでも外へ出かけるようになったけどね(笑)」

Q フェリーニから影響を受けたか? 「引き出しの中にしまわれていた夢」は映画化されなかったが?

フェリーニは黒澤と同様に、僕に映画を教えてくれた。あなたの映画はフェリーニから影響を受けていると言われると当惑してしまう。僕は影響を消化し、自分自身の何かを発明することを望んでいる。『ニュー・シネマ・パラダイス』はフェリーニのまねだと言われると当惑する。監督というものは作られたものをまた作るのではなく、何か独自のものを作りたいと願うものだからだ。フェリーニの映画のような場面、雰囲気があったと言われれば、間違いとは言えないかもしれないが。フェリーニ自身も映画館のことを映画にしようというプロジェクトを持っていたが、実際は映画化しなかった。僕はフェリーニの映画を愛しているし、フェリーニとも友達になった。フェリーニへの敬意のために、彼の未完成作品『マストルナの旅』は映画化しない。それはフェリーニ本人しかできないことだ。

Q あなたの処女作である『教授と呼ばれた男』についてお伺いしたい。

マフィアと政治、このテーマは、映画や文学で、報道でも何度も語られてきたが、いくら問題にしても、すべてが無意味だったかのようだ。ポジティブな結果を得ることは難しく、辛い事実だ。すでにフランチェスコ・ロージは僕よりも前にマフィアについて映画で語っていた。これは古い病気で、解毒剤はまだ見つからない。続けて語られ、議論されているが…旅は長い。祖父も両親も望んでいたことだが…確実に時間がかかる。

Q 自分の映画を観客として観るのは?

それはとてもデリケートな質問だ。映画がやっと上映されるというとき、上映会があり、ジャーナリストから質問を受け、初めか終わりの2分を観る。その後、日本、アメリカ、フランス、イギリス、スペインなどに行くことになる。その後は、もう自分の映画は観ないことにしている。なぜなら、制作が終わってから何回も観ているので、その後では、僕の観客としてのキャパシティを超えてしまうからだ。他の映画監督の映画に対しては、僕は本当に寛大で、優秀な観客となれるのだが、制作を終えたあとの自分の映画は観ることができない。最悪の観客となる。欠点ばかりが目につくから。距離をもって観ること、純真無垢な心で観ることができない。ただ、15年、20年たってから観ることはある。ロサンジェルスで、『ニュー・シネマ・パラダイス』の修復が完成して、26年ぶりに純粋な気持ちが戻って来て、観ることができた。なかなかいい観客として。

Q 『ニュー・シネマ・パラダイス』をカットしたことについて

カットしたのは、喜んでした選択ではなかったが、僕が選択したことだった。この映画については、年月が経つにつれて、いろいろな伝説が生まれて語られてきた。制作者が監督の意志に反してカットしたという伝説ができた。でも、それはうそだ。制作者は本当に親切な人だから、そんなことは決してする人ではない。問題があれば、僕を呼んで議論もした。
映画は、当初、成功しなかった。長い映画だったので、多くの人が長いせいだと言った。僕は、長さは問題ではないと思っていた。でもそれを証明する方法はなかった。破れかぶれになって、カットしたが、それでも結果は変わらなかった。無名の映画監督の映画は、販売促進(プロモーション)がなければ、観た人の85%はいい評価をしない。そうなると、いい映画でも観に行かない。僕はそう思う。
「制作者がカットしたから、映画はアカデミー賞を受賞した」と言われる。でも、それが理由ではなかった。その中には大きなうそがあった。制作者はカットするなんてしたことはなかったから。このことは25年間で350回、インタビューで何度も言っているのに、真実を書いた人はいなかった。誰も書かないだろう。決して、決して…真実は誰も書かない。みんな同じ映画をカットしたことを聞かれ、説明を繰り返すのだ…。

Q 『鑑定士と顔のない依頼人』について

これは一番長くかかった映画だった。1984年に対人恐怖症の少女をめぐるストーリーを考えたが、納得がいかなかった。それから長い年月が経ってから、オークションの世界、その世界に生きる人物に深い興味を持った。その世界と古いアイデアをつなげた結果、ストーリーが生まれたんだ。

Q 女性の肖像画は誰が選んだのか? 重要だったか?

最終的に選んだのは僕だ。とてもとても重要だった。スタッフと一緒に、何か月も議論しあった。絵を探すのに約1年かかった。すべて非常に価値の高い作品だったが、それだけではない。肖像画の意味するものは深く、誰もが知っているような価値の高い絵でなければならないし、主人公は美術館にあるべき絵を欲しいと思って集めていなければならなかった。知られていない絵では観客は理解できない。このコレクションの中には価値の高い作品があることを知らなければならなかった。コレクターである主人公にとって謎の女性の人物像と、この肖像画が重なるからだ。価値の高い作品を借りるには、許可が必要だったし、お金を払わなければならなかった。3000枚の絵を借りた。すべて女性像が中心にあって、女性がこちらを見ていなければならなかった。美術館にある絵だったり、個人所蔵だったりした。借りるべき絵を選んで、所蔵者の許可を得なければならず、多くの人に断られた。
高い貸出金額を提示してきた人もいたが、許可を得る手紙を書いているあいだには喜びもあった。理由を話したところ、なかにはとても誠実な金額で貸してくれた人もいた。とても重要で難しい作業で、約1年がかりだった。

Q 私は『ニュー・シネマ・パラダイス』が公開されたとき、1週間のあいだ、毎日観た。この映画は何回も観るたびに深くなると思うが、そういう映画をねらったのか?

映画を観て、観るたびに観客が素晴らしいと思うような映画を撮りたいと思ったら、そいつはあほうだ。僕はそのために映画を撮ったのではない。25年後に観て、常に愛される映画を撮ろうと思ったことはない。僕はとても好きなストーリー、長く温めてきたストーリーを語ったんだ。それは僕の人生を織りなすストーリーだった。映画の世界、映画館は、僕が長い間通っていて、とてもよく知っている世界で、僕が語りたかったお話だった。この作品は2作目の映画で、経験はあまりなかったし、映画つくりは知っていたけど、経験があまりなかった。でもそれは普遍的なテーマだった。世界はトトであふれていた。みんな幼年期に映画館に通っていたんだ。映画を観てくれる人が、いい映画だと言ってくれるのは嬉しいことだけど、そう思ってもらうことが僕のねらいではなかった。もし、それをねらったとすれば、「とても信用置けない人」だと思うよ。

Q一番気に入っているあなたの映画は?

次の映画、これから発表する映画だよ。

f0178334_18331577.jpg

[PR]
by Art-Chigusa | 2014-12-27 18:33 | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31