イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

ai Weiwei LIBERO


La Mostra

ai Wei wei LIBERO

FIRENZE

PALAZZO STROZZI

23 Settebre-22Gennaio 2017

A Cura di Arturo Galansino

f0178334_06241647.jpg

中国の現代アーチスト、アイ・ウェイウェイの展覧会が、フィレンツェのストロッツィ宮で、

開かれている。

ストロッツィ宮は、高級ブランドのブティックの並ぶフィレンツェの中心街にある。

ルネッサンス期の邸館建築で、15世紀に銀行家フィリッポ・ストロッツィが、

ベネディクト・ダ・マイアーノに依頼して建てられた風格のある美しい建物だ。

アイ・ウェイウェイはオレンジの救命ボートをこの建物に張り付けた。

REFRAME”と題されたインスタレーションは、規則正しい窓のフレームになっていた。

現代イタリアも含めヨーロッパの大きな社会問題である移民を想起させる。

シンプルでありながら、強いメッセージを伝えている。

f0178334_06252242.jpg

中国で起きた地震(2008年5月四川大震災)をテーマにした作品が心を打つ、リュックサックを組み合わせた蛇が壁を這う。

床の木の箱に死の影を感じさせるが、その上に白い鉄の棒が蛇のように這っている。この悲しく不安な作品は、美しくもあった。

一つ一つの作品は明確な社会的メッセージを伝えている。形や色は洗練され無駄がない。

アートの創造それ自体の問いかけ、伝統を破壊して新しいものをつくるというイメージには、

暴力的な強さや脅威さえも含む。

命をかけて、社会運動をしながら、作品をつくるアイ・ウェイウェイの展覧会は、見る価値がある。

展覧会のパンフレットのアイ・ウェイウェイの写真では、自分の目を両手でまんまるく開いている。

よく目を見開き、注意して世界を、社会を見なさいということか?





[PR]
by Art-Chigusa | 2016-09-27 07:08 | Altri | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30