イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

NERO RIFLESSO 黒い投影

NERO RIFLESSO
f0178334_8324860.jpg

Sta sera e’stato inaugurato una mostra Nero riflesso, ceramica raku di
Armando Moriconi con presentazione di Andrea Baffoni presso
L’officina Ristorante Culturale Perugia ,Borgo xx giugno, 56
Perugia tele:075 5721699
Dal 16 Luglio al 31 Ottobre

Il raku e’una tecnica di origine giapponese, nata in sintonia con lo spirito zen,
in grado di esaltare L’armonia delle piccolo cose e la bellezza nella semplicita’ e naturalezza delle forme. L’origine del raku e’legata alla cerimonia del te’: un rito.
Realizzato con oggetti poveri, incentrato sulla tazza che gli ospiti si scambiavano.
Le sue dimensioni erano tali da poter essere contenuta nel palmo della mano.

L’invenzione della tecnica raku e’ attribuita ad un artigiano coreano addetto alla
produzione di tegole dell’apoca Momoyama(XVI secolo d.c), Chojiro, che la
sviluppo’ per facilitare la fabbricazioen delle ciotole per la cerimonia del te’( e’ suo mecenate fu Sen no Rikyu, era un maestro di questa cerimonia),
Il termine giapponese raku significa”comodo, rilassato, piacevole,
gioia di vivere”, e deriva dal sobborgo di Kyoto nel quale era estratta
L’argilla nel edicesimo secolo.(wickipedia)

Zen と言っても全然違っていた。楽焼のテクニックを使って、レリーフの作品が展示されていた。
粘土っぽくって、手触り、手の触感と質感は、もっと荒々しかった。
アルマンノ モリコーニは、大理石を使った彫刻を元々は作っている彫刻家で、
カタログでみた彼の作品の中に、触ってみたくなるような、つやつやして黒い、すべすべとした、
心地よい曲線の美しい彫刻があって、色っぽかった。ロサンジェルスのMoMa美術館に行った時に見た、
“磯崎新のモンローのカーブの壁”を思い出した。それは白かったけれど、色っぽかった。
忘れられない白い壁だった。モリコーニのRAKU の作品はすべて黒いが、ところどころにアクセントに
色が入っている。

ピカソだって陶器を焼いたりしていたし、アーチストが、工芸をつくるのはよくあることで、
陶芸家もお皿やコップばかりではなくて、アート性の高い作品をつくっているのをよくみる。
展覧会は10月31日まで。
[PR]
by Art-Chigusa | 2015-07-17 08:34 | Mostra | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31