イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

ガルシア マルケスはスポーツライターだった

イタリアのスポーツ紙
ガゼッタ デッロ スポルトのエクストラ タイムに
ガルシア マルケスがスポーツライターをしていたことが、22日付けで
記載された

1950年コロンビア人で木曜日に87歳で亡くなった作家の
ガブリエル ガルシア マルケスのお葬式が、昨日メキシコで行われた。

ガルシア マルケスはEl Heraldo にスポーツ記事を書いていた時期があった。
Barranquilla とJuniorを取材していた。大西洋に面した街のクラブで、
そこで10歳の時にマルケス自身がプレーしていて、彼もファンだった。
ヘラルド紙に、心にあるクラブの帽子とマフラーをつければ
「すぐに新しい個性が芽生える。
サポーターであることが必須のコンディションで、
完敗したらばかげていると受け止めるのだ」と語っている。

Barranquillaは、Division Mayor (セリエA)で, Juniorは2位だった。
1950年にDoradoの時代が始まった。アルゼンチンのすごい優秀な選手だった。
ヘラルドに彼のJuniorを文学に比較して書いている「偉大なディ ステファノがいて、
彼は修辞学の先生だ」その彼こそ、まさに未来のレアル マドリーの選手
 ドン アルフレドであり、ボゴタで3つのタイトルを獲得した。
ガボ(ガルシア マルケス)スポーツライターが「デビュー」
を書いていた。Juniorが2-1で勝ってディ ステファノと仲間たちは
タイトルに近づく勝ち点を獲得した。

ガルシアは健康のためにディフェンダーになった
1995年Al Tiempoにスポーツへの情熱を語っている
「バッラクイッラのカレッジ(寄宿学校)で
ディフェンダーとしてプレーしていた。なぜならその前の年にサンホセのカレッジで医者が、
健康のためにサッカーをやるように勧めたから。本をたくさん読んでばかりいて、
スポーツをしていなかったから。ヘラルドの友達で文学を愛するグループの友達と
週刊誌クロナカをつくったが、文化的な内容が、スポーツのことになっていった。
なぜならJuniorのHeleno de Freitasが表紙になれば、とても有名だったから、
ブームとなって刷られた!文学のことに戻って書いていたら、
興味がもたれなくなって週刊誌は消えた」

彼の憧れは、ブラジル人のヘレノで、Juniorの監督にもなったが、
アルコールとドラッグで39歳で病院で亡くなった。ガブリエル ガルシア マルケスは
アルゼンチンでコロンビアが勝って、1993年9月5日W杯へ出場したのを見た。
歴史に残る5-0の試合だった「狼狽を感じた。W杯でコロンビアが何ができるかと思った」
多幸症(病的な昂揚状態)ダニロ バルトゥリン医師と、
元チリの大統領サルバドール アッレンデと
ベンツの車をかけた。:ガブリエル ガルシア マルケスにとっては、
コロンビアがW杯優勝できるはずだった。
ファーストレグで敗退。Andres Escobarが、 Medellinで殺害され
マルケスはとても悲しい思いだった。
20年後、私たちが今度はマルケスと別れが悲しいように。
                                    Iacopo Iandiorio記者
[PR]
by Art-Chigusa | 2014-04-22 16:51 | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30