イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

La Mostra di Edvard Munch

La Mostra di Edvard Munch

Sono andata a vedere la mostra di Edvard Munch
a Genova ,Palazzo Ducale fino 27 Aprile 2014

f0178334_175841100.jpg


ジェノバのパラッツォ ドゥカーレで ムンクの展覧会が行われているので、
観て来ました。
2013年11月6日から2014年4月27日まで

ムンク誕生150年を記念して、イタリアのジェノバ市が
ノルウェー人の巨匠ムンクを称える展覧会として、
Marc Restellini がキュレイターとして、企画し、
Palazzo Ducale Fondazione per Cultura
,Artemisia Group, 24 ORE Cultura-Gruppo 24 ORE,が協賛、
メインスポンサーはジェノバ商工会議所 と
Costa Crociere(コスタ・クルーズ:客船運搬会社)となっています。
エドヴェルド・ムンクの80点が集められています。

f0178334_1863184.jpg


有名な“叫び”:“L’urlo”は来ていませんが、
ミステリアスなMadonna 1895-1902を堪能することができました。
私が好きなマドンナの実物を観ることができて、とても嬉しい。
みていると、本当に偉大な傑作だと、感じてくる、魅力のある絵だった。
La bambina malata: The Sick Child も素晴らしかった。
この絵は、ソフィーというムンクの妹の一人が結核で15歳の時に亡くなったのですが、
その病床の枕についているソフィーの表情を捉えている作品です。妹の死は、
ムンクに大きな影響を与えています。常に死、病気、存在の恐怖を抱えて制作を続けていました。
「恐怖がなかったら、猟師が船に網を欠いていると同じだ」と発言しています。
「芸術は心の血」:Arte e’ sangue del tuo cuore…とも語っています。
Vampiro (吸血鬼)も興味深い、いい作品でした。

妹の死だけではありません。エドヴァルド・ムンクは5歳の時に、
母を結核で30歳の若さで失っています。ムンクは身近に“死”を実感しながら、
生きなければならなかった人です。恋が多かったことでも有名ですが、
彼の中で愛は永遠ではありえなかった。「昔の人が愛を炎に例えたのは正しい。
愛は炎と同じように、山ほどの灰を残すだけだからね」と語っていました。
そして生涯独身で通しました。数年ぶりに再会した以前の恋人のトゥラ・ラーセンと
トラブルになり発砲事件を起したことも知られています。ピストルを撃ったのが
2人のどちらかは不明ですが、左手中指の関節の一部を失うけがを負いました。
この頃から精神が不安定となり、アルコールにも溺れました。1908-1909のことです。
しかし1909年以後心身の健康を回復し、建築内部装飾も手がけ、
オスロ大学の講堂の装飾壁画は正面に太陽を描いていて、
「世紀末の不安を描いた画家のイメージ」とはかなり異なりますが、
明るい作品はあまり知られていません。

逆に主に1890年代に制作した、「叫び」「接吻」「吸血鬼」「マドンナ」「灰」などの
一連の「フリーズ・オブ・ライフ」が有名です。
「フリーズ」は西洋の古典様式建築の柱列の上方にある横長の帯状装飾で、
「シリーズ」に近い意味で使われています。テーマは「愛、死、そして愛がもたらす不安」を、
かなり当時はアバンギャルドな手法で特に石版画は独特のタッチで制作しています。
人物の表情を捉えることが素晴らしく、優秀で、表現主義的です。

キュレイターのレステッリーニ氏の言葉「ムンクは見えるものを描く。彼の恐怖のうえに、
芸術の新しいビジョンを示した。純粋なアバンギャルディア:彼の最も美しく、
感じた、愛した、苦しんだ作品がこの展覧会で観られる」
[PR]
by Art-Chigusa | 2014-02-25 18:07 | Mostra | Comments(0)
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30