イタリアの風:Chigusa Kuraishi Blog

art08.exblog.jp ブログトップ

ジョルジョ アルベルタッツィ インタビュー

アラン・レネ監督のフランス映画「去年マリエンバードで」の主人公を演じた、イタリア人俳優
ジョルジョ アルベルタッツィのインタビューをしました。
報知新聞のサイト ”シネマ報知”にアップされています。
みなさん読んでください。
http://cinemahochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100209-OHT1T00239.htm

Intervista a Giorgio Albertazzi per un quotidiano Giapponese.
[PR]
by art-Chigusa | 2010-02-10 22:17 | Comments(6)
Commented by marcheselli at 2010-02-10 23:09
ちぐささんは驚くような数の映画を見て、すごくたくさんの本を読んでるのね。頭が下がります!!
Commented by at 2010-02-11 02:27 x
こんにちは
「記事」 拝読させていただきました

《 「でも私は反対だ。字幕にすべきだ。俳優の声をとってはならない」》
という発言が 特に印象にのこりました

私は 可能であれば
「字幕なし」を 繰り返し 観たいと思います

映像からも 多くのことを読み取ることができますし
解らないカショからは アレコレ想像をして、考える
- 楽しみを 受け取ることができます

俳優の「声」を消すことは
声だけでなく 息づかいや 舌や咽喉のオト
筋肉の動き などから
観る人を 遠ざけてしまうのではないだろうか

などという思いが いま 浮かんでいます

Commented by bolochigu at 2010-02-11 05:21 x
インタビュー、とても面白かったです。「白夜」、特に「ベッリッシマ」は大好きな映画のひとつなので、興味深く読ませていただきました。あの頃の映画は、何か生活の匂いがありましたよね。ビスコンティはその後貴族の葛藤などに照準を絞っていきますが。映画づくりが今とはまったく違ったものだったことを痛感させます。
Commented by Art-Chigusa at 2010-02-11 17:59
marcheselliさん読んで下さって、ありがとう!
聴さん、日本ではそのために字幕が多いのでしょう。
私もよく日本でフランス語が全くわかないけど、字幕さえない映画を観ました。それはまた逆に違う楽しみ方があるのですよね。
「去年マリエンバードで」はジョルジョのフランス語のアクセントがオーストリア人のようなフランス語が、監督はとても気に入っていたとインタビューで話しています。繊細なコメントありがとうございます。
bolochiguさん、読んでいただき、ありがとうございます。よく映画観ていますね。ボローニャには昔の映画、特にリミュエールではフランスの昔の映画が観られて、いいですね。いい映画を上映していたペルージャの中心街映画館が5件つぶれて、淋しいです。家の近所に小さいサンタンジェロという映画館ができました。少し希望を持ちました。
Commented by perugiajapan at 2010-02-20 19:37
ペルージャの映画館5件も潰れたんですか!?恐ろしい。。。
ペルージャにいた頃よく映画館行ってたのに淋しいな〜。

千種さん『アバター』観ました?ヒーローが未開の地に乗り込んで現地人以上の勇気と戦闘力を示して、現地人にも一目置かれるという典型的なアメリカ映画なんですけど、映像が3Dで飛び出るんですよ。
でも思ったより奥行きがなくて、、、。
一番飛び出てるように感じたのは字幕でした(笑)
僕も映画は吹き替えではなく字幕じゃないと嫌なんですが
3Dの字は気になって映画に集中できひんといった印象でした。
これからの映画は3Dなっていくやろうからあれは少し改良したほうがいいかもしれませんね。

大和
Commented by Art-Chigusa at 2010-03-01 17:40
大和ありがとう。「アバター」を家族みんなで観に行きました。
ペルージャのスタジアムの傍にできた巨大なムルティ(複数の)
映画館で。満員で、やっぱり話題の映画はペルージャでも満席になるのかと驚きました。イタリアはみんな吹き替えなので、3Dの字幕がどんなかわかりませんが、私は逆に奥行きがあるように見えて
圧倒されましたが。それは字幕のせいでしょうか?映像は色とかが、とても綺麗でしたね。
line

ペルージャ在住 アーティスト


by C.K
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31